ニキビ肌にメイクって良くないの!? - スキンケア - 専門家プロファイル

日刊美容液新聞 編集長
岐阜県
スキンケアカウンセラー/美容液研究家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ニキビ肌にメイクって良くないの!?

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. スキンケア
スキンケア 最新情報

スキンケアカウンセラーの松原です。
今日もお付き合い下さい。


ニキビ肌の人は、なるべくメイクをしないほうが良い・・・
というイメージがありますが、本当なのでしょうか?

20歳を過ぎた大人ニキビというのは、ホルモンバランスによる体内の影響が大きいため、多くの人が思っているほど、メイクとニキビの関係は浅いと言えるでしょう。


ニキビ肌の人は、試しにノーメイクでしばらくの間過ごしてみて下さい。
おそらく、メイクをしなかったら治るものでもない…ということがおわかりいただけると思います。

つまり、イクがニキビを極端に悪化させてしまうことは、あまり考えられません


ただ、メイクの塗り方や種類は気をつける必要があります。
当然、毛穴を塞ぐような厚塗りは良くありませんし、油分の多いメイク料(クリームやリキッド)は避けるべきです。

パウダーファンデーション
ルースパウダーがオススメ。

パウダーは固形物のため、成分に水が使われていないものが多く、界面活性剤や防腐剤などの添加物が少ないため、クリームやリキッドに比べると肌への負担が軽いと言えます。

同時に、擦る刺激はニキビ悪化の大敵ですが、クレンジングの際にゴシゴシ擦って落とす確率の高いクリームやリキッドよりも、比較的摩擦が少なくて落とせるパウダーのほうがベター。


メイク下地は、専用のものよりも、油分が少なめのサラッとした保湿美容液が的確です。

メイク専用下地は、つきの良さや肌色を補正する働きがあるため、メイク料に対しては万能かもしれませんが、成分の内容上、意外と肌に刺激になることもありますので、敏感肌やニキビ肌の方は、保湿美容液を下地として使いましょう。

最初は粉っぽく感じても、時間とともに皮脂となじんでノリが良くなります。
また、保湿美容液を使うことで、乾燥対策にもなるため一石二鳥なんですね!


美しく歳を重ねたいと思われる人は、是非今後もこのコラムをご覧下さい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(岐阜県 / スキンケアカウンセラー/美容液研究家)
日刊美容液新聞 編集長

徹底的に美肌を追求するスキンケアの専門家

長年に渡る独自の化粧品研究、スキル、経験、専門知識を元に、エビデンス(科学的根拠)が高いスキンケア法を常に模索しております。特に、美容液のリサーチには余念がありません。流行の波に偏らない、本物の情報を発信させていただくことをお約束致します。

カテゴリ 「スキンケア」のコラム

日刊美容液新聞創刊!(2015/01/22 13:01)

YAHOO!BEAUTY に記事が掲載!(2014/12/10 12:12)

このコラムに類似したコラム

「コラムlatte」に最新執筆記事【メイクアップ化粧品にまつわる都市伝説を徹底解説】が掲載! 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/08/26 12:21)

ちょっとの変化でもっと可愛く▶ビフォア→アフター 岡田実子 - イメージコンサルタント(2015/09/16 06:39)

オリジナル顔分析メイクでさらに美しく!ビフォア→アフターお写真です。 岡田実子 - イメージコンサルタント(2015/03/30 23:43)

ファンデーションの色選びで変身!ビフォア→アフターお写真です。 岡田実子 - イメージコンサルタント(2014/10/24 22:33)

「コラムlatte」に最新執筆記事が掲載されました。 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/06/12 07:14)