子ども33年連続減 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

株式会社リアルビジョン 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子ども33年連続減

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、

渡辺です。

 

少し前の記事になりますが日本経済新聞の記事によると、

総務省が『こどもの日』に発表する4月1日現在の15歳未満の子どもの推計人口は、

前年より16万人少ない1633万人だった。

1982年から33年連続の減少で、

比較可能な50年以降の統計で過去最小を更新した。

総人口に占める割合は0.1ポイント低い12.8%で、

40年連続で低下した。

 

男女別では男子836万人、女子797万人。

3歳ごとに年齢を区切って集計すると、

中学生に当たる『12歳から14歳』が351万人で、

年齢層が下がるほど少なくなり『0歳から2歳』は314万人だった。

 

都道府県別で、前年より増えたのは東京と沖縄だけだった。

 

子ども数の減少は将来の労働力不足につながり、

経済の成長を制約する大きな要因になる。

政府は子育て支援など少子化対策に取り組むが、

子どもの減少に歯止めがかかっていない。

とのことです。

 

なかなか難しい問題ではありますが、

先進国の中でもフランスなど、

少子化に歯止めがかかった国があるのですから、

政府にはそうしたところを参考ににして、

有効な手立てを考えてもらいたいものです。

 

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。

マネーに関する悩みや不安を解消するリアルビジョン

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 夢を実現できるライフプラン設計(提案書&ライフプラン表付)

将来予定している『教育資金』、『住宅購入資金』、『老後資金』などの資金対策を行います。

料金
30,000円

あくまでも個人の方のマネー相談や、ライフプラン設計にこだわり、
10年以上の実績と経験が、あなたの将来の夢の実現のためにアドバイスします。

夢を実現できるライフプラン設計(提案書&ライフプラン表付)

このコラムに類似したコラム

子供のいない夫婦には「遺言書」は必須 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/11/11 08:56)

子どもの数 32年連続減 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/16 09:55)

改正育児・介護休業法 西内 純 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/22 12:14)

新児童手当(旧子ども手当) 西内 純 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/15 11:35)

「極度の貧困層の子供 3.85億人!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/10/14 11:57)