給与の概算経費について - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

給与の概算経費について

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は戸塚でアカペライベントをやっています。
企画の仕事は楽しいですね、本業にも活きるものがあります。

配偶者控除について確認しています。
配偶者の所得が38万円に収まっているか否かがポイントでした。

ここで、再度給与における所得の計算方法について確認してみます。
先日も書きましたが、給与での所得は

所得 = 給与総額 △ 概算経費

で計算されます。
ここで問題になるのは、概算経費の部分です。
収入に対して「ま、こんなもんでしょ」ということで計算をします。

この概算経費ですが、最低限度額が定められています。
その金額が65万円です。

再び、計算式に数字を当て嵌めます。

38万円 ≧ 所得 = 収入??円 △ 65万円

所得が38万円以下に収まるには、上の??円は幾らまでになるでしょうか?
そう、103万円です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

給与に対する概算経費 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/02 07:00)

実は縮減された配偶者特別控除 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/15 07:00)

自宅での副業や内職の場合 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/12 07:00)

判断基準は配偶者の所得 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/08 07:00)

給与に対する課税は安い 高橋 昌也 - 税理士(2012/03/13 01:00)