「コップが落ちた」と子どもが言ってきた 日本人親子と外国人親子 対処はどう違う? - 幼児と子供のマナー - 専門家プロファイル

平川 裕貴
株式会社リリパット 代表取締役社長
兵庫県
マナー講師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「コップが落ちた」と子どもが言ってきた 日本人親子と外国人親子 対処はどう違う?

- good

  1. 育児・教育
  2. 子供のお稽古
  3. 幼児と子供のマナー

『グローバル社会に生きる子どものためのしつけと習慣』の中に取り上げているエピソードですが、本はページ数の関係でかなり内容を簡略化しています。

で、この会話を日本人と、外国人とでどう違ってくるかシュミレーションしてみようと思います。

 

<日本人親子の会話>

子供「コップが落ちた!」

ママ「あら、たいへん。どこ?」

子供「ここ」

ママ「ホント、すぐ片付けなくちゃ」

 

<外国人親子の会話>

子供「コップが落ちた!」

ママ「どうして?」

子供「手があたった」

ママ「誰の手が?」

子供「僕の」

ママ「どこで?」

子供「ここ」

ママ「あら、ホント。あなたが落としたのね?」

子供「うん」

ママ「じゃあどうするの?」

子供「僕が片付けなくちゃ」

ママ「そうしてね」

 

 

もっとも、外国人の場合、最初の表現で「コップが落ちた」と言うことはない(最初から「僕がコップを落とした」という言い方になります)ので、実際には、こんな長い会話にはなりませんが。

日々の会話がこんな風だとしたら・・・

 

日本人には、何が欠けてしまうでしょうか?

ヒント①「記憶にございません」「覚えていません」なんて言う政治家に欠けているもの。

ヒント②「部下が勝手にやったこと」なんて言い訳をする社長に欠けているもの。

 

 

『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』

http://www.amazon.co.jp/gp/product/490719711X/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=490719711X&linkCode=as2&tag=sccrglx-22

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

8月13日まで平川裕貴著書が15%off になっています 平川 裕貴 - マナー講師(2014/08/08 11:55)

18歳まで手元に置いて参考にしたい本 平川 裕貴 - マナー講師(2014/04/21 11:15)

お待たせしました。ようやく出版です。 平川 裕貴 - マナー講師(2014/04/11 15:44)

ヤフーネタりかで「いいね」ランキング2位~4位独占! 平川 裕貴 - マナー講師(2014/07/09 20:51)

アマゾンのPODベストセラーランキングで1位になりました 平川 裕貴 - マナー講師(2014/07/07 00:02)