いわゆる節税が難しい地方税 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

いわゆる節税が難しい地方税

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は緑茶の日です。
最近は緑茶に生姜を入れて飲むことが多いです。

所得税から絡めて、地方税について少しだけ。
地方税の負担が少しずつ重たくなっています。

そして、地方税全般において言えることですが、いわゆる節税と呼ばれるものが比較的難しいのも特徴です。
それは多くの地方税が賦課課税という方式だからです。
簡単に言うと、お役所側で税額を計算してくる方法です。


あちらで勝手に決めてくるので、こちらからどうこう言って安くなるものでも中々ない、ということです。
中には実態などを正確に伝えることで安くなることもありますが。


今後、地方税の重要性はより高まってくるでしょう。
特にモノの所有について、どこまでのことを望むのか常に検討が必要です。

明日よりまた所得税に戻ります。
最後の単元として、税額控除について簡単に。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

地方税負担が年々重くなる 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/30 07:00)

所得税負担、実感として 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/25 07:00)

青色申告の良い所 高橋 昌也 - 税理士(2015/02/20 07:00)

税務における配偶者控除について 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/20 07:00)

実は縮減された配偶者特別控除 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/15 07:00)