更新時の賃料値上げについて - コラム - 専門家プロファイル

柳 一幸
株式会社アライバル 
東京都
不動産業
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

更新時の賃料値上げについて

- good

皆様こんにちは。

アライバルの柳です。

 

今回のコラムは更新時の賃料について書きたいと思います。

 

賃貸マンションの賃貸借契約書の条項に、以下のような条文の記載がよくあります。

 

『賃料及び共益費等は、租税その他の負担の増減、物価の上昇や、その他の経済事情の変動、

近隣との比較から不相当となった場合には、貸主・借主協議のうえ、改定することができる。』

 

この条文を盾に、貸主側から一方的に更新時に賃料の値上げを主張して、賃料値上げに応じない場合には

退去を迫ることがありますが、借主は、この値上げに応じる必要があるのでしょうか?

 

その答えは、普通賃貸借契約の場合ですと、NOです。つまりは、値上げに応じる必要はございません。

というのも、貸主・借主が協議のうえ、その条件に合意しないと値上げは出来ないからです。

 

また、値上げに応じない場合に、退去を迫られたら、退去しないといけないかといえば、

それにも応じる必要はありません。

 

普通賃貸借契約は、貸主側からの解約には『正当事由』が必要とされます。

賃料の値上げに借主が応じないことは、正当事由に該当しないとされています。

ただ単に、借主が賃料の値上げに応じないのは、正当事由に該当しません。

 

また、貸主側から解約をする場合の解約予告は6ヶ月前になりますので、

突然、退去を迫られることはありません。

 

ですので、更新時に値上げ交渉に応じなくても、従来から賃料を滞りなく支払い、

禁止事項に該当する行為もぜず、普通に生活をされていた賃借人は、

協議の間も、従来の賃料を供託することで居住し続けることが可能です。

 

逆に定期賃貸借契約の場合は、普通賃貸借契約と違い、

契約期間の満了で、契約が終了しますので、両者の賃貸条件が合意しないと再契約はできません。

再契約時の賃料値上げに応じなければ、契約満了とともに退去しなくてはなりませんので、

ご注意ください。

 

アライバルでは新宿・中野・渋谷エリアを中心に高級賃貸マンションを多数取り扱っております。

新宿・中野・渋谷エリアを中心とした高級賃貸マンションサイトはこちらからご確認いただけます。

 

 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

フリーレントについて 柳 一幸 - 不動産業(2014/10/30 14:31)

賃貸借契約時の仲介手数料以外の手数料について 柳 一幸 - 不動産業(2014/10/23 08:35)

第三者名義での賃貸借契約について 柳 一幸 - 不動産業(2014/05/29 11:06)

賃貸マンションを借りる際の日程の用語について 柳 一幸 - 不動産業(2014/05/22 20:29)

賃貸借契約前のキャンセルについて 柳 一幸 - 不動産業(2014/05/02 19:08)