製品開発もプロセスが重要 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

製品開発もプロセスが重要

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日は製品開発プロセスについてのお話です。

DCOR(design-chain operations reference-model)を皆さん、ご存知でしょうか。

http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/dcor.html

デザインチェーン活動参照モデルと言われており、製品開発プロセスにフォーカスしたマネジメントモデルです。

現代の凄まじい製品開発競争に勝ち残るためには、製品開発プロセスが重要なのは言うまでもありません。

短期間に効率よく製品開発を進めて、顧客に支持される製品を開発することが、企業の業績に大きな影響を与えます。

製品開発における機密情報管理の重要性は、飛躍的に高まっています。

そういった意味でも、企業全体という広い視点はもちろん、必要に応じて関連企業までも含めた視点で、製品開発プロセスの最適化を図ることは、非常に意味があると言えます。

製品開発プロセスの最適化を進めた上でIT化を図ることで、IT化の効果を最大限に引き出すことが可能となります。

製品開発もプロセスという視点で眺めてみると、新しい発見があるはずです。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)