肌の潤い不足の誤解を徹底解説! - スキンケア - 専門家プロファイル

日刊美容液新聞 編集長
岐阜県
スキンケアカウンセラー/美容液研究家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

肌の潤い不足の誤解を徹底解説!

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. スキンケア
スキンケア 最新情報

スキンケアカウンセラーの松原です。
今日もどうぞお付き合い下さい。

肌に存在する角質層は死んだ細胞の集まりですが、スキンケアにおいてとても重要な役割を担っています。角質層の下の表皮細胞と呼ばれる部分で水分が湧き出ており、角質層のセラミド(細胞間脂質)へ運ばれ、強力に挟み込んで保持されます。それが、肌の潤い感です。

年齢等でセラミド(細胞間脂質)が減ると、表皮細胞から運ばれた水分が角質層で保持されず、次々に蒸散していきます。これが乾燥肌の主な原因です。

加齢と共に、体の水分が失われていくと思い込んでいらっしゃる人が多いのですが、実は体から染み出す水分は限りなく一定です。つまり、潤い不足は、肌の水分そのものが減るのではなく、水分を保持するセラミド(細胞間脂質)が減るためだということ理解していただきたい。

冬の空気が乾燥する時期になると、肌が荒れやすく潤い感がなくなると言われていますが、厳密に言うと、水分を維持するセラミド(細胞間脂質)の環境により乾燥するのであって、空気の乾燥が原因ではありません。
もちろん外気の影響が全くないわけではないですが、セラミド(細胞間脂質)がしっかり整っていれば、気温や湿度の低下にも耐えられるということ。


難しい話のようですが、実はとてもシンプルなことです。
結論としてまとめますと…

水分を保持して、潤い感を満足させるには、肌のセラミド(細胞間脂質)をターゲットにした保湿化粧品を見つければ良いのです。
堅い保湿化粧品の選び方や本物の保湿成分の詳しい解説につきましては、後日コラムにアップします。
年齢と共に乾燥が気になってきた人は必見です!


美しく歳を重ねたいと思われる人は、是非今後もこのコラムをご覧下さい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(岐阜県 / スキンケアカウンセラー/美容液研究家)
日刊美容液新聞 編集長

徹底的に美肌を追求するスキンケアの専門家

長年に渡る独自の化粧品研究、スキル、経験、専門知識を元に、エビデンス(科学的根拠)が高いスキンケア法を常に模索しております。特に、美容液のリサーチには余念がありません。流行の波に偏らない、本物の情報を発信させていただくことをお約束致します。

カテゴリ 「スキンケア」のコラム

日刊美容液新聞創刊!(2015/01/22 13:01)

YAHOO!BEAUTY に記事が掲載!(2014/12/10 12:12)

このコラムに類似したコラム

肌の水分維持の貢献度が約80%を占めるセラミドとは!? ~潤いの仕組みを知る~ 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/04/04 13:30)

肌に浴びるように化粧水をつけると…!? 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/04/15 13:32)

肌の保湿具合を決めるのは、水分附与量ではなく水分保持力! 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/04/14 12:47)

潤いに満ち溢れた素肌を手に入れるために大切なお知らせがあります! 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/04/08 13:24)

毎朝、素肌チェックをしてますか!? 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/06/30 11:53)