株式売買の取引などは税制の変更が本当に激しい - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

株式売買の取引などは税制の変更が本当に激しい

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は出発の日です。
今日から新しい学校に通う方も多いのかと。

所得税の基礎について。
株式などの金融資産売買について確認しています。

株の売買は別の所得と分離して課税…なのですが。
実は株式売買に関しては、税制の変更が本当に激しいという特徴があります。

例えばここ数年で考えても

・税率が変わった
・配当との通算が可能になった
・株だの社債だので課税の方法が変わった

等々、本当に色々な変更がありました。
とてもじゃありませんが、ここで書ききれません。

この改正の速度は他の所得ではありえない感じです。
株式等を購入したときの売却の時で税制が異なることもしばしば。
金融資産の投資を始めるなら、その辺りをしっかりと把握しておくのが重要です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

上場する瞬間、どういうことが起こるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2015/04/18 07:00)

上場するということの意味 高橋 昌也 - 税理士(2015/04/17 07:00)

出資してもらったお金は、返さなくて良い 高橋 昌也 - 税理士(2015/04/14 07:00)

先物取引 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/09 07:00)

株などの売買 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/07 07:00)