マンションは管理を買え 1 〜メルマガより〜 - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マンションは管理を買え 1 〜メルマガより〜

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
どんな物件を選びますか?…投資用不動産の選び方…
【EMPメルマガバックナンバー 2006/11/11号】


昔から『マンションは管理を買え』といいます。


新築当時はそれほどかわらなかった資産価値が、
数年経つと管理の良い物件と悪い物件では
大きく差が出てくることも珍しくありません。


特に投資物件の場合は、管理の良し悪しが入居率に
ダイレクトに跳ね返ってくるため、
『資産価値の維持』という意味では無関心ではいられない内容です。


先日も、築15年の三軒茶屋のある物件が周辺相場より高く売買されました。
三井不動産分譲で同社の系列会社が管理をしている物件です。


外観や共用部分もきれいで築15年と思えない建物。
18平米弱でバストイレ同室の物件ですが、維持管理状況は非常に良く、
賃料は相場より若干高かったものの賃貸募集時は
あっという間に入居者が決まった物件です。


今週、いくつかのメディアがマンション管理について取り上げています。
日経新聞では7日と8日の朝刊で修繕積立金について取り上げていました。


7日の記事は、
『築20年以上のマンションの43%が修繕積立金が不足している』というもの。
日経新聞が全国のマンション管理組合にアンケートをとった結果だそうです。


また、8日の首都圏版では、
『首都圏のマンションの6割が修繕積立金の滞納問題を抱えている』
という内容を取り上げていました。



>>>続く



※EMP会員に登録いただけると、
不動産投資に役立つ知識をメルマガにて毎週配信中。
 ⇒ご登録はこちらから

 ⇒安心の不動産投資なら、EMP