適用される税率の問題 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

適用される税率の問題

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は三ツ矢サイダーの日です。
たまに飲みたくなるんですよねぇ…。

所得税の基礎について。
総合課税と分離課税について確認しています。
ここで総合課税なのか分離課税なのかで重要な点を2つ。
税率と相殺についてです。

今日はまず最初の1つ、税率について。
日本の税金では、その多くにおいて超過累進税率というものが採用されています。
これは課税対象が大きければ大きいほど税率が高くなるということです。
例えば

1~100については10%を課税する。
101~200については20%を課税する。
201~300については30%を課税する。

といった感じです。
上記の例だと

・儲けが100のとき、税金は10
・儲けが200のとき、税金は30
・儲けが300のとき、税金は60

と、このように増えていきます。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

ここまでの話のおさらい 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/30 07:00)

住民税の税率 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/28 07:00)

固定された税率が適用されるもの 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/24 07:00)

税率の具体例 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/23 07:00)

所得控除:ご家庭の事情、勘案します 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/14 07:00)