所得の性質を考えて分離する - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

所得の性質を考えて分離する

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は「カチューシャの唄」の日です。
先日歌いましたが、良い歌です。

所得税の基礎について。
基本は全ての所得を足し算する総合課税です。
ところが、一部の所得についてはこの足し算を行いません。

これは主に所得の性質を考えてのことです。
これまでに確認した日常的所得についていえば、簡単にいえばありふれた所得であると言えます。
商売で儲けた、給与をもらった、不動産を貸し付けた。
これらは日常的に行われる、まさに日課とも言える所得たちです。
足し算をするのに、特に躊躇する必要もありません。


ところが、非日常系の所得たちはその質も様々です。
給与と非日常系を足し算することが課税上好ましいのか、議論が分かれます。

そこで、一部の非日常系の所得については総合課税から外します。
これを分離課税といいます。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

ここまでの話をおさらい 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/12 07:00)

不動産の売買は分離課税 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/04 07:00)

種類が色々、譲渡所得 高橋 昌也 - 税理士(2014/04/02 07:00)

損益通算:儲けと損失で相殺 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/31 07:00)

非日常系と分離課税 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/27 07:00)