米松について… その2 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

鈴木 克彦
株式会社マクス 代表取締役
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

米松について… その2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ティンバーフレーム工法の住宅 三島市 受け継ぐ家
引き続き、ティンバーフレーム工法の家について、ダイジェストで書かせて頂きます。


前回の続きです。

ちなみに、ティンバーフレームは、カナダの自然林から伐採した材料なので、恐ろしく目が詰んでいるということは何度も書きました。


でも、当然寒いカナダでは、米松だって目が詰んでいます。


左がレッドシーダー
そして右が米松(ダグラスファー)


さすがにレッドシーダーに比べると、割れが多く・大きく入っていますが、目が小さくて年輪も詰んでいるので、日本で流通しているのみたいに指が入るような割れではないです。

やっぱり、どうせ作るならこういう良い材料を使って、そしてそれをずーっと長く使う。
それが本当のエコなのだと思います。



※なお、ティンバーフレーム工法の家については、こちらもご覧下さい。