「考える」ということ - パーソナルコーチング - 専門家プロファイル

心の健康と美の研究所Calix 代表カウンセラー
東京都
臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「考える」ということ

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. パーソナルコーチング

世間的に注目を浴びている報道の中で感じること

それは、本来焦点にすべきことを安全な評価対象となるものにすり替え
自分で考えることを放棄し、味方が多そうな意見に
すりよることに意味があるのだろうか? ということです。

自分が正しいと思うことを行使するのも
間違っていると思うことを非難するのも自由ですが・・・。

時代や教育、何処からの尺度か?により
正義も変化するものだと思います。

わたしはいつも「本当にそう?」という疑問がわいてくるのです。

世間が批判していること、自分が肯定していること

行使により可能性を自ら潰してしまう危険性など・・・

何かを判断して意見を持つとき

「本当に?」
「なぜ?」

を繰り返し自分に問うてみます。

無知であるためか?
または、自分のコンプレックスや防御心からの
批判を正当化しているのか?

本来判断すべき部分とは違う部分に
主観を交えてしまっているのか?

本当に判断しているのか
考えて感じているのか
感じて考えているのか・・・と

抱いてしまった感情を頭で修正することは出来ないだろうけど
その感情を感情だと理解することはできます。

「考える」とは、感じることに理由をつけるものではありません。

「考える」ということ。それは、それが

自分以外のものに何らかのプラスの作用や
未来への希望や可能性へと繋がるものであることなんじゃないかな?

日本の義務教育の中で、「メディア・リテラシー」を学ぶ必要性を強く感じます。

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)
心の健康と美の研究所Calix 代表カウンセラー

熱いハートの幸せナビゲーター

プライベートな悩み相談、家族セラピー、コミュニケーション教育、心理テストの作成分析等を承っています。幅広い年齢層の方、専門職・起業家の方からのご依頼を頂いております。ご要望を伺いプロとして個個に合わせたカウンセリングを提供させて頂きます。

このコラムに類似したコラム

全ての出来事から得られるプレゼント 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2014/05/09 17:52)

幸福度を測定するモノサシ。 五十嵐 佳則 - 自己実現コーチング・Webプロデューサー(2013/06/13 17:04)

もうムリ!と言いたいときは 小倉 美紀 - パーソナルコーチ(2013/04/05 08:00)

「許す」パワー 根本 雅子 - 経営コンサルタント(2012/01/13 23:00)

自分と向き合う秘訣は、理性と感性の両方を使うこと。 冨永 のむ子 - パーソナルコーチ(2011/08/27 07:11)