社内プロジェクトの管理 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

黒澤 森仁
ユアーブリッジ・コンサルティング 代表
東京都
組織と仕組みをつくる専門家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社内プロジェクトの管理

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般

こんにちは。黒澤です。

 

よくコンサルをしているとクライアント先で社内のプロジェクトを発足するので手伝ってほしい、と言われることがあります。

先日もあるクライアントでプロジェクトを開始しました。

 

私自身、今までいくつもプロジェクトに参画しました。

成功したプロジェクトもあれば途中で終わってしまい結果が出なかったプロジェクトもあります。

 

先日のクライアントでのこと。

 

プロジェクトメンバーに、

「このプロジェクトが何らかの理由で上手くいかなくなる可能性は何%位あると思いますか?」

と質問したところ、

 

「20%位だと思います。」

「40%位だと思います。」

 

などの意見がありました。

 

このプロジェクトやばいかも・・・。

この回答を聞いての私の感想です。

 

はっきり言って、プロジェクトが上手くいかなくなる可能性は100%です。

全てが順調に進むなんてことはありません。

すごく容易なものであれば出来るかもしれません。

ただ、その場合はそもそもプロジェクト化されません。

 

ということは、プロジェクトには障害がつきものだということです。

 

もし、20%程度と考えていて、上手くいかなくなったら、

「こんなはずではなかった・・・」となります。

 

もし、上手くいかないことを想定していれば、

「やはり来たか」となります。

 

この違いは大きいです、

そして、事前に上手くいかない可能性を想定して早めに手を打てば進みやすくなります。

 

まずは、上手くいかなくなることもある。

それでもやりきる。

 

という考え方が必要です。

「備えあれば憂いなし」

でいきましょう!

このコラムに類似したコラム

社内プロジェクト成功への初めの取組 黒澤 森仁 - 組織と仕組みをつくる専門家(2014/03/20 06:00)

常に時間の余裕を持つこと 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/11/08 10:13)

変化を意識して起こす 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/06/15 11:11)

プロセスそのものが目的になってしまう 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/02/26 10:25)

人材育成を楽しむ姿勢は、伝え方で確認できる 竹内 和美 - 研修講師(2014/11/26 14:18)