セカンドライフの可能性は? #3 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

セカンドライフの可能性は? #3

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
ウェブの地平線、ココ〜未来系。 はたして?ウェブの新潮流
洞爺湖サミットが無事に終了しました。
東京は戒厳令が敷かれたような感じで、どこもかしこも警察官さんだらけでした。

こんにちは、山藤(サンドウ)です、

ウェブの新しい潮流として「セカンドライフの可能性は?」の第三弾です。

セカンドライフの中では、最近メガストアが続々とオープンしています、
その中でイロイロな商品が売られています。


売れ筋は、セカンドライフ内のアバターが着替える洋服やコスメ、
グッズなどが売れているようです。

まるで、リアルワールドの百貨店のようですが、
そこで、売買される貨幣が「リンデンドル」です。

メガストアを経営しているのは、10〜20代の若い女性やセカンドライフの
パワーユーザーたちです。
彼女らは、仮想空間の中でアイデア一つで、莫大な規模と予算を駆使して、
ビジネスを軽やかに展開しているのです、

そういった、ビジネスの新しい可能性を秘めているのも、セカンドライフの特徴です。

インターネットでのウェブの便利な使い方としては、
イロイロな情報をまるで紙の上のリアルな情報を収集、加工、提供、オーダーなど出来ますが、
果たしてそれが、空間的な広がりや仮想空間である必要性がどのくらいあるのかな?

と言うところが、率直な感想を持っている今日この頃です。

やはり、ゲームや、''日々の遊び場''としての機能は、たしかにあるかと思うのですが、
そこで、ビジネスやサービス、''広告媒体''として、いかに仮想空間の必要性、意味を見出せるか?

というところが、
プランニングのキモ?になります。

企画アイデア(案)として、

クラブライフ = 斬新なコスチュームを提供してのクラブイベント
エンターティンメント = クリエイティブなアーティスト達の活動や発表の場
トレンドツール = セカンドライフの中で利用するお洒落なツールや、ギアの開発


自己表現の場としては、とても可能性のあるフィールドだと思います。

現実と違う、
もう一つの、人生、生き方、そして、ビジネスの未来系
それが、
セカンドライフなのです、

Youtube-セカンドライフ動画

参考資料:日経新聞、11面、2008/3/24