ソチ・パラリンピックへの道ーアエロフロート航空の機内映画 - 海外旅行 - 専門家プロファイル

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ソチ・パラリンピックへの道ーアエロフロート航空の機内映画

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外旅行

ソチへは成田空港発、モスクワ経由で行きました。約10時間のフライト、機内エンターテイメントは充実しており、新作映画もあって、5歳の娘も飽きることなく、過ごすことができました。

何十とある映画の中から、まず私が選んだのは「ゼロ・グラビティ」。コミック「宇宙兄弟」ファンなので、モスクワでは宇宙飛行士博物館へ行く予定もあって、たっぷりと宇宙での危機対処の世界に入り込みました。ドラマERの頃から好きだったジョージ・クルーニーは、主人公がパニックになったとき、さりげなく登場して勇気つけるところは、あの時と変わらぬカッコよさ。

次に、ここでしか見られないもの、と機内誌をめくっていると目に入ったのが「Girl Talk」。週末をスペインの別荘で過ごすロシア女性4人の旅。まるで「Sex and the City」のロシア版。衣装も華やかで、楽しいラブコメディ。音声はロシア語、字幕が英語なので、おかげでロシア語を少し覚えることができました。

そして「スターリングラード」。2013年製作のロシア映画。奇しくも、物語は東日本大震災で、瓦礫の中に埋もれた女性に語りかける救助隊員のロシア人の話から始まります。私には5人の父親がいた、と。1942年第2次世界大戦中のスターリングラードをめぐるロシア軍とドイツ軍の戦いへ物語は移ります。そこには友情と愛の人間的なドラマがありました。最後に語り手は「5人の父親に感謝している、自分は戦争が何かを本当は知らないのだから」、と言って終わります。ウクライナ情勢が緊迫する中、この映画のメッセージを思い出してもらいたい、と思いました。

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 英語講師)

小学生までに英語脳を育てたい幼児と親のための英会話教室

聖心女子大英文科卒、元銀行員。海外留学・国際ボランティア、横浜市立小学校英語講師などの経験、早期教育での子育て経験から、楽しく自然と身につく英語教室を主宰。赤ちゃんと意思疎通をはかることも心がけている。趣味はジャズとトライアスロン。

このコラムに類似したコラム

ソチ・パラリンピックへの道ーI'M POSSIBLE(閉会式より) 石野 恵子 - 英語講師(2014/03/19 07:02)

安心とは何か#1ー原発・原爆 黒澤 文子 - 英語講師(2014/07/30 11:20)

ソチ・パラリンピックへの道ーロシア人は日本が大好き! 石野 恵子 - 英語講師(2014/04/01 05:06)

ソチ・パラリンピックへの道ーロシア観光ビザ申請 石野 恵子 - 英語講師(2014/04/01 03:29)

ロングステイ キリバス 世界第3位の排他的経済水域を持つ国 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/01 10:00)