オフィス街の同じような日常にも変化が - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

オフィス街の同じような日常にも変化が

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 オフィス街で働く女性の昼食代に関して、日経MJとプロントコーポレーションが調査しました。一回の昼食代に、800~1000円の人が45%。週に1、2度は1000円以上と言う人も40%います。オフィス街の女性たちの昼食は、数人のグループでしっかり食事を取ることが判ります。

 一方、男性の昼食代の場合は、新生銀行の調査で平均510円とワンコインで済ませている人が大半です。しかも、一人で食べる人が多く、手早く済ませて休憩に時間を割くようです。男性の場合、昼は軽い食事をして、夜のアルコールを伴った付き合いには、気前よくお金も使う傾向があります。

 このような各社が行う調査結果を見ていますと、開業するときの参考になります。以前と比べ、オフィス街にはコーヒーショップは増えていますが、喫茶店はすっかり姿を消しました。同僚と喫茶店で話す習慣は少なくなって、スマホの閲覧やメールする人が増えています。昼寝や休憩に時間を取る人も大勢います。

 先日、仕事の流れでオフィス街のレストランに入りました。お客さんの7割は女性客で埋まっていて、わたし達のようなおじさんは少なく、肩身の狭い思いをした経験があります。家賃の高いオフィスビルの飲食店でも、このお客さんターゲットを見誤って、開業して1年持たずに閉店するお店があると言います。

 オフィス街のビジネスパーソンの生活スタイルも、経済や社会環境の変化に伴い変化しています。これは、オフィス街に限らず、街の商店街でも、スーパーマーケット周辺でも、ショッピングセンターでも同じです。日ごろから目を凝らしてこの変化を素早く読み取ることができたら、起業のとき他の人にはない武器になります。