自己批判しても何も変わらない - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

エナジー・コーチ エナジー・コーチ
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
上前 拓也
上前 拓也
(パーソナルコーチ)
中川 淳一郎
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自己批判しても何も変わらない

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
セルフ・ヘルプ 不安・恐怖 (Fear)
昨日の不安の正体をさぐる記事からの続きです。

不安の一番大きなものは、人にどう思われるか、
嫌われるのではないか、拒絶されるのではないか、
というものでした。

ほかにも、不安の種類はいくつかあって、
本当に尽きないもの。

たとえば、失敗することや後悔することへの不安とか、
自分が間違っているかもしれない不安とか。

それから、よくあるのが変化に対する不安もあります。

人は変化を必要としているものなのですが、同時に
自然と変化に対する抵抗感も持ち合わせています。

だから、何かを変えるとなるとどういうわけか
抵抗を感じるときがあります。

今の自分を変えたいけれど、変えないことの居心地の良さや、
変わることへの不安から結局何もしない選択をしてしまい、
何もしないから、当然何も変わらない、という状況を生みます。

何も変わらなければ、安心ではないけれど、少なくとも
結果はわかっているから、一種の安心感もあるのです。

でも今はよくても、もし自分を大切にする気持ちが
あるなら、いずれは必ず、変えないことと変えることと、
どちらがより居心地が良いか、変わります。

つまり、変わることよりも、変えないことのほうが
居心地が悪くなるときが来るはずです。

そのタイミングが訪れるのは人それぞれ。早い人も
いれば、ゆっくり時間をかける人もいます。

どちらがいい、というのではなくて、人はそれぞれに
学ぶタイミングがあるのと同じに、変わるにも
ちょうど良いタイミングがあるのですね。

いつと常にはわかりませんが、そのタイミングがきたときに
逃さないよう、普段から少しずつ、ココロの準備を
しておけばいいでしょう。

大事なのは、不安だとか恐怖だとか、理由は何であれ
何もしない自分に対して怒ったり、自己批判しないことです。

何もしない自分に対して批判しても、それをパワーに
変えて行動することにつながる方はほとんどいません。

大抵は、それでさらに落ち込み、余計何もできなくなる、
というパターンを引き起こします。

不安や恐怖があるのは、別に悪いことではなくて
誰もが持っているもの。不安や恐怖で気分はよくないのに
そこへ自己批判しても意味がないのです。


まずは不安を持っている自分に気づくことから始めれば
いい。そして、不安の正体を探ってみたらいい。

その後、どうするか、の選択になります。
その選択次第でその後が変わってきます。

何もしないでいたら、何も変わりませんから、やはり
何かやってみたいものです。別に大げさなことでなくても
いいので、少しずつこなしてみるといでしょう。

いずれにしても、自分の不安の正体を見つめてみると
自分が作り上げたものだったり、自分一人で思い込んで
いたことだったりすることに気づくはず。

自分が作ったものなら、自分でどうにかできるから
いいですね。

このコラムはこちらでもご覧いただけます。
→ http://blog.livedoor.jp/mikiogura/archives/51397007.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(パーソナルコーチ)
エナジー・コーチ エナジー・コーチ

もっと元気にハッピーになりたい女性たちをパワフルにサポート!

もっと自信を持ってバランス良く、元気にハッピーになりたい方(主に20~40代の女性)に向け、コーチングやセミナー、講演を実施しています。人生の幸せ、ビジネスの成功や自己実現のために、枠に捕われない考え方を提供し、内面から強くサポートします。

カテゴリ 「セルフ・ヘルプ」のコラム

不安は的中する(2009/04/22 14:04)

言い訳を探ってみると(2008/10/21 13:10)

不安の正体をさぐる(2008/07/07 17:07)