羽根木の家 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

清原 公明
株式会社建築アトリエ二十一 代表取締役
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

羽根木の家

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家族のリアリティ
今の時代は、家族のリアリティ=個のリアリティに還元されてしまうような気がします。双六のあがり、つまりリアリティの行き先が、判りにくい時代だから、社会そのものが落とし処を見失っています。ベタ(=規範)という皮肉がまかり通るのは、その裏返しなのでしょう。家とは時代を通すフィルターのような役割をしますから、家を設計することは、ベタな時代のように一筋縄ではいきません。だからこそ今、家が熱く語られるのでしょう。

今回の計画案は、子供が「クツのカカト」を踏み潰さない家がテーマで設計しました。玄関といった、規範の象徴のベタさ加減を敏感な子供たちは見逃しません。空間までそれに便乗しては、まずいと思いました。プライベートが無いからパブリックが無い。当然です。子供たちは「クツのカカト」を踏み潰すことでビジュアルにそれを表現しています。個室=プライベートではないのです。