英会話のコネタ♯1:平和について語ろう・アメリカ陸軍大幅に縮小だって - 英会話全般 - 専門家プロファイル

英語ぎらいの大人のための「飛ぶ教室」 主宰者
東京都
英語講師
03-3379-7290
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英会話

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

英会話のコネタ♯1:平和について語ろう・アメリカ陸軍大幅に縮小だって

- good

  1. スキル・資格
  2. 英会話
  3. 英会話全般
英語ぎらいの大人のための「飛ぶ教室」たより

2014年2月24日、「52万人いるアメリカ陸軍が44万人から42万人に縮小する」とヘーゲル国防長官が発表した。

アメリカ陸軍は兵力を約10万人減らすとのこと。44万近いということは、第二次世界大戦前の水準だそう。

19万人の海兵隊は18万2千人に減る。なんだたったの8000人しか減らないのか、、、。でも2016年以降も軍備費の削減が要求されれば17万5000人に減らすとか。

原子力空母ジョージワシントンも退役することも検討中とか。

 アフガン・イラク戦争で、アメリカも今一つの景気。戦争すればお金が儲かると、武器は作らなくちゃならないし、壊れるし、だからまたまた作らなくちゃならないから、戦争は儲かると思っている人がいるけれど、実際は、一部の人にしかお金は入ってこない。
 

ヘーゲル長官は「より小規模で有能な兵力」を維持するとも「アジア太平洋地域に焦点と兵力を移す」と言っているから、日本本土が基地化するのもロボットに近い武器が人殺しをするのも、兵力が減ったからといって、すくなるなるわけではなさそうだ。だって、無人機グローバルホークに変更される攻撃機や偵察機があるそうだから。殺される人たちの数は減らないのだろう。

いつも命の危険に晒せるのは、お金のない人たちだ、、。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 英語講師)
英語ぎらいの大人のための「飛ぶ教室」 主宰者

英語でディスカッション!6000語の意味の言える850語で!

カタコトの英語で、相手の理解力にすがってやりとりをしている日本人をなんとかしたい!BBCが国際放送を始めるために選出した850語を、五感を使って全身で学べば、英語力ゼロからでも国際人になれます。社交英会話は今イチのIT関連、理工系大歓迎!

03-3379-7290
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「英語ぎらいの大人のための「飛ぶ教室」たより」のコラム

20140317IELTSのTOEFLとの違い(2014/03/18 12:03)

このコラムに類似したコラム

英語上達セミナー Vol.02-2 奥村 美里 - 英語講師(2011/06/28 09:00)

海外ドラマで英語は学べない?! 奥村 美里 - 英語講師(2011/03/08 19:23)

会話においての最低限の英語発音技術 Dr.D - 英語講師(2010/12/13 15:36)

~バランスを崩すから進む:ビジネス英語コーチ(BEC)~ 中尾 匡宏 - ビジネス英語コーチ(2015/12/01 12:15)