「学ばずに仕事をする」のは「練習せずに試合に出る」のと同じ - 社内教育・自己啓発 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「学ばずに仕事をする」のは「練習せずに試合に出る」のと同じ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 社内教育・自己啓発
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 私の思い・考え

 「未来への不安を払拭するため、自分のキャリアを磨く努力をする」

 

 ごく当たり前のことのように見えますが、自営業者を除く全国の有職者を対象にした調査で、「語学、IT、マネジメント力など仕事に役立てるための勉強をしていますか?」と聞いたところ、「勉強をしていない」と答えた人が過半数(約54%)に及んだのだそうです。

 調査結果の分析としては、先行きが見えない中で、何をどう学べばいいのかわからない人が多いのだろうということでした。

 

 確かに自分の会社員時代を考えると、きちんと目標を定めて勉強していたかと言われれば、あまりそうではなかったと思います。ただ、独立心だけは常に持っていて、会社には頼らないぞという意識はあったので、自分なりに人脈や見聞を広めようとはしていました。

 

 もしもそんな独立心がなかったとすれば、会社に行けばとりあえず目の前の仕事はあるし、仕事があれば差し迫った危機感は感じづらいだろうし、そうなれば、日常業務の中でよほど自分のスキル不足を感じる場面でもない限り、あえて自分の時間を使って勉強はしないだろうと思います。

 

 そんな中、最近読んだある著名な方のコラム記事で、イチロー選手を題材にしたものがありました。

ちょっと要約すると、「例えばアスリートは試合に出るために毎日練習する。イチロー選手のような天才でも、練習せずに試合だけ出ている人はいない。ビジネスパーソンもプロフェッショナルとして仕事をする以上、勉強にもっと時間を割くべきだ。」とありました。「勉強しないのは、脊髄反射で日々の仕事を乗り切れてしまうからだろう。」ともありました。

 

 こう考えると「何をどう学べばいいのかわからない」というのは、「とりあえず試合には出られているので練習はしません」と言っているのと同じことのように思います。でも、いつ試合に出してもらえなくなるかわからないし、そうなってからあわててもたぶん手遅れです。

 

 これは自戒も込めてですが、やはりきちんと学ぶべきことを見つけて学ばなければいけないでしょう。そのためにはまず、自分のこれまでのキャリアをもとに、専門性はどこにあるのかを考えることが第一歩だと思います。

 幸い私は自分の専門性を見つけてはいますが、今の知識やスキルはいつか陳腐化するので、そのままでは絶対に通用しません。それではどうするかと言えば、実務経験を積みながら自分なりに学ぶ以外に方法はありません。

 

 「何をどう学べばいいのかわからない」は、やっぱり言い訳だと思います。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

このコラムに類似したコラム

流れを意識したコミュニケーション 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/02/24 06:34)

ロジカルに物事を捉える 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/08/24 09:52)

スキルの深さと幅 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/08/16 10:35)

キャリアビジョン 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/06/03 11:11)

日頃からの情報収集 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/06/01 10:10)