家に関わる諸々を経費にする - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家に関わる諸々を経費にする

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は佐渡の日です。
新潟には何度か行っていますが、渡ったことがないですね。

個人事業主と法人の違いについて書いています。
家を買うとき、個人で買うか法人で買うかについて。

法人で購入する場合、イメージとしては社宅として買うことになります。
法人で購入して、それを社員に貸し付けるわけです。
この場合、持ち主は法人ですから個人所得税の住宅ローン控除は使えません。

その代わり、これらのものが法人の事業経費になります。

・固定資産税
・管理費など
・維持修繕費
・ローンの支払利息
・建物本体の減価償却費

これらの支出は毎年続き、金額も馬鹿になりません。
個人ではこれらの支出等はすべて生活費です。
ところが法人ならば、基本的に事業経費として処理することができます。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

住宅ローン控除のあらまし 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/09 07:00)

例えば、建設現場より・・・ 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/22 07:00)

開業形態の検討 高橋 昌也 - 税理士(2015/02/12 07:00)

所得には種類がある 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/17 07:00)

長い目でみたときの法人活用 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/08 07:00)