中古住宅購入時の不動産取得税は高い! - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

大川 克彦
不動産コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中古住宅購入時の不動産取得税は高い!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産のかしこい選び方
中古住宅を購入した時に必要な諸費用の中で忘れがちなのが不動産取得税。

不動産取得税は不動産を取得した時に課税される地方税であるが、住宅に関しては特例があります。
この特例ですが、新築と中古では控除金額が大きく異なります。
新築ではほぼ全額控除されゼロになることが多いのと比べて、中古の場合は古くなればなるほど控除額が少なくなります。
新築の場合、自己居住用だけではなくアパートや賃貸マンションも控除対象になります。
居住用の場合は50m2以上(共同住宅の場合は40m2以上)、240m2以下の新築については、固定資産税評価額から1戸あたり1200万円が控除されます。

新築と比べて中古住宅の場合、自己居住用に限り木造は築20年以内、耐火建築物(木造以外)は築25年以内が控除の対象になります。ただし、前記したとおり古い建物ほど控除額は少なくなり、1200万円〜350万円になります。
詳細は、東京都主税局でご確認ください。
ただし、古い建物は、固定資産税の評価額自体も安くなっています・・・

ここまででわかるように、築20年(耐火建築物は25年)を超過した建物付きの不動産を購入する場合は、控除の特例が使えないので諸費用として不動産取得税を入れておく必要があります。

最近は、リノベーション住宅など築年数が古い建物を利用することも増えていますが、税が必要になることも忘れないように!!

 
 

アパート・マンション経営