森元首相にみる、恥をかくことがなくなった中高年は要注意 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

森元首相にみる、恥をかくことがなくなった中高年は要注意

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 つかぬ事を聞きますが、あなたは最近恥をかいたことがありますか? 10代、20代の人は別にして、大方の人はほとんど、恥をかくことはないのでは。小さな失敗をする人は、大きな失敗はしないといいます。小さな恥をよくかく人も、大きな恥をかくことはないようです。

 女子フィギュアスケートの浅田真央選手に、「失敗したくて失敗したわけじゃない」「私は何とも思っていない。たぶん、森さんも発言を少し後悔しているのでは・・」と名指しされた森喜朗元首相は、とても後味の悪い思いをしていることでしょう。

 元首相ともなると、どんな場面でも恥をかくことはほとんどありません。しかも政治家の習い性で、講演で話すときは少しでも聴取者に受け、会場の笑いを取ろうとします。現在の自分が、東京オリンピック組織委員会委員長であることを忘れ、評論家気分で競技結果を論評しては大恥の種になります。

 森元首相ばかりでありません。一般的に、分別のある年代になりますと、ほとんど誰も注意をしてくれることがなくなります。そのため、「誰もが同じ思いをしている」とか、「みんなに受け入れられた」と思いがちですが、実際に違っていることがほとんどです。

 その結果、いきなり周りに人が来なくなったり、誰も話をしてくれないことが起こります。企業経営者の場合などは、お客さんが激減したり、従業員が多数辞めるといった、経営に直結する影響を受けることになります。ほとんど悪儀はないのですが、誰にも恥を指摘されることがない分、企業倒産のような大恥になって返ってきます。

 起業のとき、若い人の場合は細かい点まで注意する人も多く、傲慢にさえならなければ大恥には至りません。中高年の起業は、当人の思い込みも激しく、そのうえ注意する人もいませんから、大きな失敗につながるケースが多いです。森元首相に似たような立場になりたくないなら、人の意見を聞く自分なりの方法を考えるとよいです

このコラムに類似したコラム

森元首相にみる、恥をかくことがなくなった中高年は要注意 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/26 20:24)

統計のマジックに騙されないビジネスの勧め 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/27 20:23)

カネからヒトに流れが変わったことで 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/24 20:28)

カネからヒトに流れが変わったことで 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/24 20:28)

企業家は、何度も何度も起業を重ねて 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/18 20:19)