耐震補強工事 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家
03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

耐震補強工事

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
wa+
耐震補強の工事が始まりました。

この物件は、明治時代に建てられた建物の外観はそのまま生かし、耐震補強と、内部の改装及び、一部増築の工事を行います。

明治時代に建てられた為、基礎も無く、柱も細い。

写真で見える様に、丸太で小屋が組まれてました。

建物を持ち上げ、基礎工事を行い、柱も新しく入れ替え、小屋組みの丸太を生かしつつ、梁を追加し、壁量を増やして、今の建築基準にあわせた耐震補強を行ないます。

柱、梁などは、プレカットという工法で、コンピューターで自動に加工していく時代に、一本一本、手で加工し、現場で組み立てていきます。

建売ばかりを行なっている大工では、到底不可能な工事を、現場に入ってもらっている宮大工(寺院などを専門にしている大工)さんが、いとも簡単に、柱梁を組み立てていきます。

私どもは、注文住宅で、しかも一般の住宅よりも難しい木工事を、大工さんに依頼する為、腕のいい大工さんと付き合っています。

しかし、宮大工というのは、別格な存在なんだということを、改めて思い直しました。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
Qull一級建築士事務所 

限られた条件を最大限活かす。普通なのにどこかかっこいい家を

ありふれた住宅の既成概念にとらわれず、奇をてらっているわけでもない。都会の限られた条件のなかでも、住む人の個性やライフスタイルを感じさせる。「どこかカッコイイ!」「なんだか気持ちいい!」そんなスタイルの提案をしています。

03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「wa+」のコラム

大壁と真壁を挟む廊下(2009/03/11 16:03)

ド迫力の格天井(2009/03/02 13:03)