デザイン論  ユニットバス - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

デザイン論  ユニットバス

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ライフスタイル論
今やお風呂の工法の主流は「ユニットバス」になり、防水モルタルにタイル貼りの「在来工法」は少なくなってきました。

ユニットバスは1.5坪前後の大型のものから、ワンルームマンションやホテルに使用される「3イン1(トイレ・浴槽・洗面つき)」タイプまで幅広い種類があります。

戸建て住宅設計時はトイレと風呂は別なのが一般的ですが、ワンルームなどを考えるときは「省スペース」の面から3イン1タイプを導入しがちです。

しかし、使用する側からみればトイレと浴槽が同じ個室にあると、トイレットペーパーが湿気てしまったり、便座カバーやマットが敷けないなど、特に女性には不具合が生じます。

また3イン1タイプの場合、浴槽にお湯をためると洗い場が無くなってしまい、結局「シャワー浴」中心の生活となりがちです。

外国の気候と違い日本の四季は寒暖差と湿度変化が激しいので、シャワー浴のみだと精神不安定になりがちです。

日本人は湯船につかることで「交感神経」と「副交感神経」のスイッチを入れ換え、活動モードと睡眠モードへ切り替えることに慣れています。

夏場のエアコン病や冬場の末端冷え性はシャワー浴では改善できず、疲れが取れなかったりイライラしてしまう原因となります。

そこで導入したいのが「INAX シャワードバス」です。
二本のアームに多くの噴射口がついており、身体全体を暖めるのに有効な手段で、湯船に入れない障害をお持ちの方への住宅に導入させていただきました。

浴槽形状は「和洋折衷タイプ」が福祉分野で主流ですが、大規模改修ができないご家庭にシャワードバスはオススメですv

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフスタイル論」のコラム

介護福祉建築家のツール(2012/09/02 02:09)

今年の社会福祉士活動(2011/01/22 18:01)

増える独居障害者(2009/07/09 20:07)