所得分類が問題になることも - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

所得分類が問題になることも

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は歌舞伎の日です。
一度観に行こうと思いつつ、未だに行けておらず。

個人事業主と法人の違いについて書いています。
個人事業主の事業が大きくなってきた場合について確認しています。

所得税の特徴として、所得を分類するという考え方があります。

・商売をして儲けを出した
・家や土地などを売買した
・株取引を始めた

個人の場合、これらの取引は別個のものとして取り扱われます。
ここで面倒なのは

・商売ではプラス
・株ではマイナス

といったときに、相殺することができないことが多いのです。
何でプラスとマイナスが出たのかによるのですが、その人全体の取引では儲かっていないのに、結局税金を払わなければならないこともあるのです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

法人は何をやっても事業 高橋 昌也 - 税理士(2014/02/23 07:00)

税金が加速度的に増える 高橋 昌也 - 税理士(2014/02/19 07:00)

所得には種類がある 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/17 07:00)

住宅ローン控除のあらまし 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/09 07:00)

長い目でみたときの法人活用 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/08 07:00)