起業する場合の信用のもつ重要度 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

起業する場合の信用のもつ重要度

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 日ごろ普通に生活をしていると、「信用」を問われるようなことはあまりありません。そのため、信用がもっている重要度を認識した上で、起業を目指しているような人にはほとんど出合いません。ところが、実際に起業に向け動きだしますと、信用があらゆるところに顔を出しますから、初めて自分に信用のないことを気付きます。

 起業するときは多くの人が、信用ゼロからの出発になります。人によっては、マイナスの人さえいます。会社を辞めますと、クレジットカードを作ることはできません。簡単に言うと、クレジット会社の信用はまったくないからです。借金ができませんから、不動産購入も難しくなります。

 日本政策金融公庫で開業資金を借りる場合など、信用のないことを痛感させられます。過去に破産経験などがありますと、たとえ今は清算していてもハードルが高くなります。起業する多くの人の場合、慣れていませんから信用に対してはとても鈍感です。

 当然のことですが、自分で自分の信用度を量るようなケースは、日常生活ではまずないからです。最も信用を必要とするのは、開業した後に経営が行き詰ったときです。順調なときには、信用などほとんど気にかけません。それが行き詰まりますと、誰かの助けを求めたくなります。

 そんなとき、信用のない人には誰も助けてくれません。特に、注意しなければいけないのは、起業ばかりにエネルギーを使って、開業すると何とかなると思っている人です。いい加減なことを言って、他人を裏切って起業にこぎ着けても、今度は事業が難しくなったとき、誰にも助けを求められない事態になります。

 お金さえあると何でも買えると豪語した有名人もいました。実際は、お金があってもまったく頼りにはなりません。ビジネスの世界、信用のない人向けのビジネスが存在します。その場合は、法外な料金を請求されることになります。他人から信用されていないことを感じている人は、普段の生活において自分の行動を考えるべきです。信用は資金以上に、起業の時に重要な役割を果たします。

このコラムに類似したコラム

一つのことばかりに気を奪われ大変な失敗 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/29 20:40)

起業時に引っかかりやすい詐欺事件に注意 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/09/13 20:11)

自治体や大手企業は起業支援に熱心ですが 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/06/16 20:45)

起業・開業を目指すが、既に借金がある場合はどうしよう? 笠井 文哉 - 経営コンサルタント(2011/01/27 18:39)

官僚には言われたくない、起業リスクを取る取らない 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/04/23 20:37)