自死遺族の手記2 ~弟を自死で亡くしたNさん~ - 心の病気・カウンセリング - 専門家プロファイル

フィールマインド 代表カウンセラー
東京都
心理カウンセラー
090-5606-6857
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の病気・カウンセリング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自死遺族の手記2 ~弟を自死で亡くしたNさん~

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の病気・カウンセリング
  3. 心の病気・カウンセリング
自死遺族の手記 弟を自死でなくしたNさん

Nさんの手記、2回目です。
弟さんの知らせを受けて、実家に帰ったときの心情を7か月経った時期に綴られています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

弟の死亡連絡を受け、急いで実家に向かった。
あの時は、なんだか不思議な気分だった。
なんていうか、
自殺?嘘?死んだ?もう会えない?
という感覚と、
「くそ・・あのやろう・・勝手な事しやがって・・」
怒りに震えていた感覚。
頭が、インフルエンザの時のようにボーッとし、本当に錯乱状態だったように思う。

1時間くらいして実家が見えてきた。
マンションの上層階に母親が居た。
生気が吸われたかのように呆然とした顔で、母は空をずーと眺めていた。

弟が、仕事を辞めたとき、母が泣きながら、弟の将来を心配していたとき、
私が、「俺に任せて、大丈夫だから心配しないでくれ」と言い、
弟を実家から、引きずり出し、一人暮らしをさせ、私の働いている会社に入社させた。

弟は、仕事や、色々な面で苦労していたが、
両親には、「(弟のことは)大丈夫だから。もう心配しないでくれ」とだけ報告していた。
それから、2年後、まさか死んでしまうとは思わなかった。

家の重いドアを開け、母親に「弟を守れなくてごめん」と言って私は頭を深く下げた。
母親は泣いて、
「○○(弟の名前)は どこ行ったの。どこに居るの」
「今すぐ連れて来て・・」
と私の足をつかみ離さない。
私は呆然と立ち尽くした。
謝る以外、何も出来なかった。


未だに、私は深い後悔と、自己嫌悪になる。
会社では偉そうに「人生はこういうものだ。お前らこうやって生きた方がいい」と熱く語り、
友達の間でも、比較的信頼されて、相談役になる人柄だった。

しかし、たった一人の弟すら守れなかった。
私はこれから、どう生きたらいいのか。
人に人生を教える自信もない。

しかし、この経験をいかし、同じ事を他の家族にさせたくない。
その想いだけは誰よりも強いように思う。
俺の親愛なる弟よ。
俺はどうしたらいいのか。教えて欲しい。

関連記事をブログに掲載しました。
よろしかったらブログもご覧ください。
http://ameblo.jp/r-kohinata/entry-11767735493.html

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 心理カウンセラー)
フィールマインド 代表カウンセラー

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

正社員をしながらボランティアの電話相談員をしていました。「どんな電話も切らない」理念の中で恋愛、自死、癖、愚痴、色々な話を聴かせて頂きました。資格取得後はハラスメント相談員を経て現職。相談件数は2200件を超えます。悩みに大小はありません。

090-5606-6857
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「自死遺族の手記」のコラム

このコラムに類似したコラム

自死遺族の手記6 ~弟を自死で亡くしたNさん~ 小日向 るり子 - 心理カウンセラー(2014/04/21 14:25)

自死遺族の手記5 ~弟を自死で亡くしたNさん~ 小日向 るり子 - 心理カウンセラー(2014/03/24 13:15)

自死遺族の手記3 ~弟を自死で亡くしたNさん~ 小日向 るり子 - 心理カウンセラー(2014/02/14 17:46)

自死遺族の手記7 ~弟を自死で亡くしたNさん~ 小日向 るり子 - 心理カウンセラー(2014/06/05 01:59)

自死遺族の手記4 ~弟を自死で亡くしたNさん~ 小日向 るり子 - 心理カウンセラー(2014/02/26 13:57)