期待に応えることを楽しむ - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

再木 奈生
ヒューマンリクリエイト 代表
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
越智 昌彦
(研修講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

期待に応えることを楽しむ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
HAPPYになる考え方 快モード
過日(2〜3週間前)三谷幸喜監督の映画「ザ・マジックアワー」を観てきました。
その時は、もう一本観たかった「インディージョーンズ」の先行上映もやっていて
迷いに迷ったのですが「思いっきり笑おう!!」という主旨?で
「ザ・マジックアワー」に決めて行ってきました。

笑いました〜〜(ちょっぴり泣いた・・)。しかもゲラゲラ!!

ここのところ(これも5月が中心)DVDを借りてきて
三谷さんの監督作品をすべて観ました。
年々面白く、そして
登場する一人ひとりの人間ドラマが深く?なっている気がします。

ご本人に聞いたわけではまったくないので
それこそ想像だけなのですが
なんだか
「三谷幸喜監督の映画は面白い!」という世間の期待に
楽しんで応えてる!
そんな気がします。
仮にプレッシャーになっているのだとしても、そこを全然見せない!
すごいなぁ、と思います。

「期待されてる!」って、とてもモチベーションが上がることもありますし
フッとそれに押し潰されそうになっていることもあります。

「期待されてる!!」って取るのか
「あ〜、期待されてるよ・・」って受け取めるのか
(文章で表現が難しいですがニュアンスで感じ取ってくださいませ)
で大きな差が出てきそうです。

「期待されてる!!」の時は、ガンガンと楽しんで
それに応えていけばいいのでしょうね

「あ〜、期待されてるよ・・」の時は?

少し休んでみるか「自分の何に・どこに期待されているのか」を
ゆっくりと思い起こしながら、それを味わってみられるようになるといいですよ!