遺伝とダイエットの関係 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー
080-3426-1039
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

遺伝とダイエットの関係

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット
最新研究による
痩せない原因その1

体脂肪の分解ホルモンの働きが弱い



主に体脂肪の分解の役割をするのは
アドレナリン
よく聞く言葉だと思います。




例えば
緊張したとき、激しい運動をしたときに

血圧や脈拍が高くなるのは
アドレナリンが出ているからです。


そしてアドレナリンは同時に
体脂肪をドンドン分解していきます



しかし
体脂肪分解に必須なアドレナリン
日本人の3人に1人
は正常に働かないという統計があります。


これは基礎代謝が200kcal少なくなる
ことを意味します。



改善方法
アドレナリンが多くでる範囲でのエクササイズ
•例えば連続で10回ジャンプなど

基礎代謝を上げるエクササイズ
•スクワットなど














痩せない原因その2

体で作られる熱が少ない

食べ物を食べた時や、
安静時に
無駄にエネルギーを消費する遺伝子
(痩せの大食いの人に多い)



これは誰でも持っていますが、

日本人の約10%はこれが上手く働かない
という統計があります。



これは基礎代謝が100kcal少なくなる
ことを意味します。






改善方法

無駄にエネルギーを消費する遺伝子は
キラキラ意図的に増やすことができますキラキラ

例えば、
•坂をゆっくり下る
•素早く階段をかけ上がる
など








漠然と運動でカロリーを稼ぐダイエットは
痩せないならまだしも、
とても太りやすくなります


遺伝による骨の長さ、太さは
変えられませんが、

正しい方法を実践すれば
体重、体型は100%変えられるのです
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

080-3426-1039
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

身体を温めることとダイエット効果 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/10/25 17:00)

脂肪が最も使われるのは「寝てるとき」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/10/19 19:00)

最悪の「リバウンドブーム」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2015/09/11 19:00)

ダイエット別[停滞期を抜け出す方法] 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2014/05/31 10:00)

「ダイエットとホルモンの関係」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2016/06/04 18:00)