代行ビジネスはますます起業の種となりそう - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

代行ビジネスはますます起業の種となりそう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 初期投資額が少なくて済む起業の一つに、代行ビジネスあります。以前、日本人は、できるだけお金をかけず慎ましく生活することが美徳とされてきました。現代は、子育て世代といわれる、35歳~44歳女性の71.3%の人が、何らかの仕事で働いていて、家事代行を利用することが多くなっています。

 世の中の風潮は変化していて、自分で家事を行うのが無理なら専門の人に任せようと云う人も増えています。高齢化が進んだことによって、体が動かなくなって他人に代わりを頼むこともあります。その代表格は、墓参りの代行サービス。高齢化で需要があることに目をつけた造園会社や石材店が、全国でビジネスを行っています。

 高齢者が相手のビジネスですので、インターネットを利用することは難しく、電話やFAXが連絡手段になります。また、ペットの飼い主が高齢化しているため、ペットシッターの仕事もニーズが増えています。子どもの数とは反対に、わが国ではペットの総数がどんどん増えていますから、このペット向けサービスはあらゆるカタチで広がっています。

 夫婦共働き世帯が増加していることも代行ビジネスには追い風です。景気がよくなっているとはいえ、国民の収入は増えていませんから、奥さんが働きに出るようになりました。そのため、宅配クリーニングや食事のケータリングサービスも人気です。家事代行やハウスクリーニング、便利屋なども想像以上に普及しています。

 多忙を極めるビジネスパーソンの代行サービスがあります。同窓会幹事の代行サービスは、東日本大震災以後これまで以上に需要が増えています。また結婚式の2次会などの幹事代行も注目です。現代は人間関係が希薄ですから、2次会幹事を頼むのは難しいものです。そんな間隙を縫って、この仕事も広がっていきそうです。

 このように考えますと、代行サービスでの起業の種はけっこうありそうです。しかも、代行サービスは副業向きのビジネスが多いのが特徴。会社勤めは辞めずに、オフタイムを利用して続けられそうです。このようなビジネスで起業に向けてのトレーニングを積んで、その上で本格的な起業へ進むことを考えるのも手です。

このコラムに類似したコラム

起業でも、どこの会社も同じ仕組みと思いがち 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/08 20:36)

起業をいくら学んでも起業が実現できない理由 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/06 20:53)

飲食店経営と食べログとの微妙な関係 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/20 20:54)

ゴルフメーカーが倒産した理由 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/15 20:44)

今の時代、女性の発言力は業績に直結 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/14 20:25)