第4号 銀行の選び方 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

山中 伸枝
ワイズライフFPコンサルタント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

第4号 銀行の選び方

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
心もお財布も幸せになる!お金育ての極意
こんにちは、ファイナンシャルプランナーの山中伸枝です。

 今回もお読みいただきまして、ありがとうございます!

 第3号では、「お金って必要ですか?」ということで目標を持たずに
 ただお金があればという考えでは心が幸せになりません、
 というお話をしました。
 
 第3号は↓
 http://archive.mag2.com/0000262792/20080615212540000.html
 
 今回はお約束通り「銀行の選び方」というお話です。

 前回はもし金利が1%あれば・・・ってことでしたよね。

 今現在、日本全国の銀行の定期預金1年ものの金利を調べると最高で0.9%、
 最低で0.14%、全国平均は0.355%です。

 えっ、どうして分かるのかって?
 だって私、ファイナンシャルプランナーですから!!

 いえいえ、そんなことはなくヤフーファイナンスでチェックすれば
 毎週全国の金利が更新されいつでも最新情報をゲットできるのです。
 http://money.yahoo.co.jp/rate/supersmall/area1_20080623.html

 問題はここから。

 皆さんにはぜひヤフーのページをご覧いただきたいのですが、皆さんが
 よく目にする、もしくは通常使っていらっしゃる銀行はだいたい0.35%で
 金利は横並びではないですか?

 それに対して、ヤフーのページでいえば少し下の方。

 ソニー銀行が0.9%、ジャパンネット銀行・オリックス信託銀行0.8%と
 続いていますね。1%には少し足りませんが、都市銀行の同じ1年定期より
 金利は2倍良いです^^

 いかがですか、銀行の金利ってどこも一緒じゃないんです。私たちは、
 金利のいい銀行、安全性の高い銀行、利便性の高い銀行などの側面から
 自分にとって良い銀行を選ぶべきなのです。

 ヤフーのページに記載されている銀行はどれも金融庁の許可がありますから、
 いわゆる銀行の万が一の時は同じ制度によって守られます。
 
 ペイオフという制度でしたね。

 ペイオフというのは、皆さんの預金1000万円とその利息分については、
 万が一銀行が倒産しても大丈夫守られますよ、という銀行の保険のような
 ものです。

 そのかわり1000万円を超えた部分、例えば預金1400万円なら1000万円と
 その利息部分は守られるけど、それを超えた400万円の部分については、
 倒産銀行の精査をしてみないと分からない、最悪1円ももどらないこともある、
 というルールです。

 先ほどご紹介したソニー銀行やジャパンネット銀行、オリックス信託銀行は
 町でみかけるような銀行ではありませんが、メガバンク同様の法律で
 預金者は守られているのです。

 次回はもうちょっと、金利の高い銀行についてお話しましょう。


 ※このコラムは無料メールマガジン
 心もお財布も幸せにする!お金育ての極意からの転載です。

 登録はこちらから http://www.mag2.com/m/0000262792.html