内と外の境界を消す - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

野平 史彦
株式会社野平都市建築研究所 代表取締役
千葉県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

内と外の境界を消す

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
空間の詩学
内と外を規定しているものは何だろう?
それが「屋根」であるなら、屋根を取り払えば確かに内は外になる。
それが「壁」であるならば、壁を取り払えば内も外になり得るのか?
建具があれば、そこで内と外を規定できるのかも知れない。
しかし、あるべき建具が見えなければ、内なのか外なのか?

年中テラスで食事をする、という西欧生活の長かった施主のために造ったダイニングである。
6畳の広さの短辺一面をガラス張りにして、しかも、内外の境界として意識されるサッシ枠を消すことで、外気に解放されたテラスのような錯角を覚える。
 また、両側の壁はわずかにテーパーを付けて狭めることで遠近法を強調し、決して広くはないスペースに奥行きを与えている。