できるだけ多くの人の意見を取り入れる - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

岡本 興一
ウィジット株式会社 代表取締役
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

できるだけ多くの人の意見を取り入れる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
集客につながるホームページ ホームページ作り〜よくある誤解
何か物事を進めようとする時、できるだけ多くの人たちの意見を取り入れたいと願う気持ちは、非常によくわかります。
しかし、ホームページにおいて、その様な手法で企画を詰めたり、デザインを詰めたり、運営方法を決めていくと、かなりの確率で失敗します。


2005年以降のインターネットの世界では、総合化よりも専門化の方が、圧倒的に成果を出せる様になっています。
「何でもできます」は「何もできない」に等しく、ネットの世界では評価されません。
逆に、「○○専門です」と言い切った方が、圧倒的に成果を出しやすいのです。

ホテルの結婚式で食べる料理。
決してまずいわけではない。確かにおいしい。
でも、衝撃的な印象を受け、また、プライベートでこの料理を食べに来よう!と考えることは、ほとんどないと思います。

これは、ホテルの宴会料理の基本は、「万人から嫌われないこと」を目指して作られているために、とても無難な味になるからです。

ところが、レストランウエディングでは、結婚式への参加を機会に、また来たい!と思わせる料理を出すところがあります。
これは、嫌われない料理ではなく、一部の限定された人でもいいので、おいしいと思ってくれる料理を出す。という考え方をされているところに多く見られます。

行列のできるラーメン屋さんの多くは、メニューが非常に少ない。
逆に、たくさんのメニューがあるラーメン屋さんで、行列のできるところは非常に少ない。

つまり、何か尖ったところがある方が、その尖った部分を愛する人たちが集まるということです。
万人受けするものは、万人がやってくるのではなく、仕方なくやってきたけれど、クレームにはならないということなのです。

ネットを使って、集客をしたい、販売実績をあげたいと思うなら、多くの人たちの意見を聞いて作り込むのではなく、絞り込まれたターゲットに指示される内容を考え、提供するのです。

絞り込まれた母集団からの意見は、取り入れるべきだと思いますが、幅広い層の意見は、個性を殺す害悪でしかないこともおおいのです。

特に、ホームページ制作については、10人が10人、別々の意見を出したりします。
そうなると、妥協の産物しか生まれず、革新的なものは出てこないのです。

ターゲットを絞り込み、ターゲットにだけウケル内容を考える。
それこそが、成功するホームページ制作の基本になっているのです。


集客につながるホームページ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一