「ギブ」と「テイク」のバランスはどうですか? - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

再木 奈生
ヒューマンリクリエイト 代表
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ギブ」と「テイク」のバランスはどうですか?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
はじめまして、ヒューマンリクリエイトの再木奈生です!

社名の通りに「人の再創造」のお手伝いをさせていただいています。
今日から、このオールアバウトをごらんの皆さまに役立つ
「自己のリクリエイト」についてコラムを書かせていただいたり
「Q&A」にお応えさせていただきます。

どうぞよろしくお願いします。

初コラムとなる今回は「ギブ」と「テイク」のバランスについてご自分のそれを
振り返っていただければなぁ、と思ってのものです。

読んでいただいて少しの時間をとって振り返ってみてくださいね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「ギブ&テイク」と「ギブ」と「テイク」はよくセットで表現されるので
これは、とてもバランスが大切なのだろうなぁ、と思います。

そのバランスのとり方も最終的には「自分にピッタリ」という度合いがあるのかもしれませんね。

最近、自分で(あれ、しんどいな)と思うときを振り返ってみるのですが一つには相手
(とても広義の意味で)からの強い「テイク」をちょっと重く感じているという場合があります。

それがあまりに強力?なので、私に担いきれるのかな・・いや、「担う」という考え方自体が不遜なんじゃないかな、と思ったり。

(もう、これ以上は厳しいです〜!)と、あるところで「プッツン」したくなって相手を遠ざけてしまいたくなる場合もあります。

同じく「テイク」で言えば、自分の「テイク」を覆い隠してしまっていて(それは、求めてはいけない事、っていう縛りみたいなものがあるのかな)
全然表面化させていかない。なんだかこれも蓄積すると「マズイ」って感じです。


続きは私のブログへ  http