羊飼いか、Black Sheepか - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

羊飼いか、Black Sheepか

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
ニュースコラム ニュースコラム

羊の頭数の多い国は?
まず多そうな答えがニュージーランド、次にオーストラリアといったところでしょうか。
正解は中国。
国際連合食糧農業機関「FAO統計データベース2011」によると、世界TOP10は以下の通りです。

■羊の頭数の多い国
01.中華人民共和国  1億3,884万
02.インド      7,450万
03.オーストラリア 7,309万
04.イラン      4,900万
05.ナイジェリア      3,800万
06.英国         3,163万
07.ニュージーランド 3,113万
08.パキスタン      2,808万
09.エチオピア      2,550万
10.南アフリカ      2,430万

※生産量
※Rank1は香港、マカオ及び台湾を含む
※記載桁数以下は切り捨て

ニュージーランドは残念ながら7位。
中国やインドはなんとなく分かるものの、イギリスより少ない頭数となっています。
ここで、人口要素を加えてみます。
ニュージーランドの人口は440万人、オーストラリアは2,270万人、中国は13億5,404万人(出所:JETRO)。
1人あたりの頭数に換算してみると「ニュージーランド7.1頭、オーストラリア3.2頭、中国0.1頭」となり、馴染みのある並びになりました。
またニュージーランドは「人より羊の多い国」と言われますが、実際に7倍以上の羊がいることが分かります。

羊はキリスト教では災いを避けるものとされています。
また、ヨハネ福音書ではイエスが「私は善き羊飼いである」と語っており、イエス自身も「世の罪を取り除く神の小羊」と呼ばれています。

ビジネス組織では、残念ながら時に災い扱い。
主に外資ではしばしば「Black Sheep」という言葉が使われますが、これは“厄介者”という意味です。
組織において、評判の悪い人に対し使われます。

果たして自身は羊飼いかBlack Sheepか。
羊の頭数でも数えながら、振り返ってみるのもよいかもしれません。

 

☆貯蓄率135.2%の個人年金保険 -49歳以下の方限定-

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ニュースコラム」のコラム

OPPO、躍進(2016/11/04 09:11)

このコラムに類似したコラム

オーストラリアの牧場とクーデター 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2013/07/05 09:00)

鉄は国家なり 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2013/06/21 09:00)

現代バックパッカー事情、一晩280円から650万円の豪華旅行まで 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2010/12/22 09:00)

「暑いけど、ビール離れ!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/08/26 11:54)

世界金融、2015年と2016年の二極化 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/01/08 09:00)