設備の越境 対処方法 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

M設計工房 主催
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

設備の越境 対処方法

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般

埋設設備の越境 対処方法

古い家や古い土地などで、たまにある設備の越境。

昔は、認識もあまく、設備類を越境して施工してしまっている場合。

昔の所有者同士了解のもと施工してあるが、世代が変わり不明確になっている場合など。

新しい人がその土地や家を購入した時も、設備が越境している事の説明があったとしても、

それが、どんな影響があるのか?わからない人が多いと思います!

 

実際には、家をリフォームや建替える時に調査をしてみないと、どうなっているのか解からないケースが多いです。

越境している土地と越境されている土地、お互いとても困惑します。

それぞれの立場からみると、お互いの意見があるのは当然です。

さまざまなケースがあるので、お互いの立場や状況を理解して、

対処していかなければならないデリケートな問題です。

 

今回のケースは、家を建替える時に発生しました。

お互いの家土地の所有者同士が、諸事情により設備が越境してることを知りませんでした。

調査の結果、建替える家側に設備が越境されていることが判明しました。

越境している側と話合いをおこない、現在状況説明、対処方法の提案、などを何度も話合いました。

 

対処方法の提案は3つ

・越境設備を撤去し、新たに適切な場所から取り込む

・越境設備を建物から逃がして施工する

・越境設備をいじらない

今回は、越境している設備を建物から逃がして施工することに。

 

お互い隣どうしであり、近隣付き合いなどもあるので、

一方的な押し付けではなく、双方が理解し納得して頂けるように話あっていくということが大切です。

 

M設計工房 三竹忍

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
M設計工房 主催

ライフスタイルをデザインにする、感動と永く愛される家づくり

4つのテーマ「知恵工夫デザイン」「家事機能を考える」「自然の力」「家族を繋ぐ」を考え、建主の希望と良い部分をデザインに反映させた、ライフスタイルからの家づくりをしています。季節を喜び、生活を楽しみ、安心して暮す為、一緒に創っていきましょう。

このコラムに類似したコラム

50代と家(2) 志田 茂 - 建築家(2013/11/16 18:07)

雨が上がる。スラブが上がる。 岩間 隆司 - 建築家(2013/01/22 18:34)

施主支給とは?好みの住宅設備を格安で購入する 小笠原 英一 - 建築プロデューサー(2011/05/17 09:44)

ブラック扉のキッチンや洗面を使った住まい 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/11/23 21:42)

さをり織り、手織り服展へ 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/11/21 22:47)