時代が求めるお客さんが多く集まるお店 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

時代が求めるお客さんが多く集まるお店

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 2、3年前まで、飲食店を経営する上で心がけるキーワードは、「お店の雰囲気」でした。お客さんは、店内の雰囲気の良し悪しを基準に、よい店と行きたくない店を分けていました。それ以前ですと、料理の味であったり、価格の安さであったり、接客サービスに良し悪しを見出すこともありました。

 現在は、「お店の居心地」を求めるお客さんが多くなっています。味や接客サービス、雰囲気の良さは多くのお店がクリアーしていて、次の課題として居心地が求められるようです。そのため、価格は少しくらい高くても大丈夫で、その代わり長く居続けることができる店が重要視されます。

 この背景には、お客さんの高齢化が影響しています。国内消費の半数以上を占めるといわれる、50歳以上の人たちのニーズが居心地を後押ししています。一度店内に入ったら、慌しい時間を過ごすことなく、ノンビリと高齢者時間を過ごしたい希望があるようです。

 また、ビジネスの一線でばりばり働いている人も、息抜きをするために、料金のことは考えずにノンビリと居心地のよい場所を選びます。象徴的な店舗はファミリーレストラン。東京郊外のファミレスの場合、ほとんどの店がファミリー向けというより、友達や仲間向けに落ち着いた内装にしています。

 日替わり定職とドリンクバーで1千円超のメニューですが、店内に入りきれず席待ちのお客さんがいつもいる状態です。ファミレス同様に大型珈琲店も、居心地のよさを売り物にお客さんを集めています。高価格と高品質メニューの組み合わせによって、以前のようにお店の回転率を競うことはなくなりました。

 お店の居心地のよさは、決してファミレスや大型珈琲店に限った話ではないようです。飲食店ばかりでなく、小売店や惣菜店、サービス業でも生かすことができないか、考えてみてはいかがでしょうか。時代の空気が、ぎすぎすして言いたいことの言えない空気の中、居心地のよさを求めているような気がします。

このコラムに類似したコラム

起業でも、どこの会社も同じ仕組みと思いがち 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/08 20:36)

起業をいくら学んでも起業が実現できない理由 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/06 20:53)

飲食店経営と食べログとの微妙な関係 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/20 20:54)

ゴルフメーカーが倒産した理由 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/15 20:44)

今の時代、女性の発言力は業績に直結 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/14 20:25)