ストレス「30代:仕事、40代:家計、50代:病気」 - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ストレス「30代:仕事、40代:家計、50代:病気」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
ニュースコラム ニュースコラム

物体に圧力を加えることで生じる歪み。
「ストレス」は元々物理学の言葉でしたが、カナダの生理学者ハンス・セリエが「ストレス学説」を発表して以来、生理学的な意味で用いられるようになりました。
現代病とも言われますが、発表は1936年で80年弱の歴史があります。

厚生労働省「H24 国民生活基礎調査(平成22年)の結果」によると、12歳以上で「悩みやストレスがある」と回答したのは46.5%。
意外に半分未満です。
ただし男女差があり、男性42.4%に対し女性は50.3%で、女性は男性の1.2倍弱に達します。
最もストレスを感じているのは40代女性で割合は60.6%に及び、その後50代53.5%、60代40.9%と落ち着いていきます。

ストレスの原因では、男性は「自分の仕事」が30代にピークとなり、ほぼ70%に達します。
これに対し女性の「自分の仕事」は20代に50%超でピークを迎えますが、30代、40代には40%程度に落ち着きます。
一方、女性の40代が最もストレスを感じているのは「収入・家計・借金等」で、40%超のピークを迎えます。
子供が手を離れるにつれ女性の「収入・家計・借金等」の割合は減少しますが、50代に入ると男女共に「自分の病気や介護」をストレスに感じる割合が急上昇し始めます。

ストレスに感じるのと具体的に自身を健康でないと考えるのは別物のようで、50代の女性は健康意識について「よい」「まあよい」または「ふつう」と回答した合計が73.5%。
「よくない」と答えたのはわずか1.2%にすぎません。
もっとも根拠が薄い面もあり、健康診断や人間ドックを受診しないのは女性が多く、30代男性の未受診は25.2%ですが、30代女性の未受診は45.0%に達します。

育児など諸事情で「職場」での受診機会が無い場合は、「市区町村」でも受診できます。
実際に「市区町村が実施した健診」では男性17.7%に対し女性33.6%で、女性の割合がほぼ倍に達します。

市区町村での受診は一般に安価で、近くて便利です。
また受診率向上に向けて健康講座やイベントなどを行っている所もありますので、この機会に居住地の状況を確認されると良いかもしれません。

 

☆貯蓄率135.2%の個人年金保険 ~49歳以下の方限定!~

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ニュースコラム」のコラム

OPPO、躍進(2016/11/04 09:11)

このコラムに類似したコラム

育児ストレス?またタバコを吸いたい女性 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2015/03/20 09:00)

死+税金=相続税 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2014/09/05 09:00)

2番目に多い食中毒 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2014/07/19 14:30)

物価上昇、夫の小遣い減少 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2014/07/04 09:00)

カエサルのストライキ処方箋 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2014/05/02 09:00)