現預金残高は嘘をつかない - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

現預金残高は嘘をつかない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は飾納の日です。
正月飾りを今日まで残しているところは、かなり少ないのでは?

借入金を含めた資金繰りについて考えてきました。
最後に簡単に一言。

◯利益の数字は解釈であり、嘘をつくことがある
会計は事実を記録するもの、というのは実は嘘だったりします。
会計帳簿上、もっとも重視される利益という数字はあくまで事実を解釈したものです。
従って、会計上黒字だから会社は健全、なんてことはありません!

そして、それに対して

◯現預金残高は嘘をつかない
もし現預金残高が減っているなら、商売上何かヘタを打ったのです。
もちろん、何か特別な使い道があったゆえの減少は良いです。
しかし、よくわからないけどお金が減っているなら、それは何かが不味い証拠です。


というわけで、小さな会社を継続させるためには、何よりも現預金残高の推移をしっかりと追って頂きたい、ということで締めさせて頂きます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

安全性、成長性共にカバーできる 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/09 01:00)

IFRSってなんぞ? 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/22 07:00)

ある日、突然赤字企業になりました 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/16 07:00)

利益があってもお金が残らない 高橋 昌也 - 税理士(2014/01/13 07:00)

費用と支出が常に一致するとは限らない 高橋 昌也 - 税理士(2014/01/08 07:00)