広告の普遍的手法 - クリエイティブ制作全般 - 専門家プロファイル

有限会社ペア・ファクトリー 代表取締役
神奈川県
コピーライター
046-242-8248
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

広告の普遍的手法

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブ制作全般
マーケティング


いまでは広告も日々進化し、

正直、専門の私たちも追いつかない所があるのが現状だ。

特に、ネットメディア手法の移り変わりは早く、

最新の情報が半年で陳腐化することも、ままある。


が、そうした事例はさておき、

広告が、常に人相手であることに変わりはない。

そこには、当然のように感情がつきまとう。


ではなぜ感情なのかだが、

総じて人の心を動かすのは理屈ではない、というのが、

広告の歴史から得られた答えである。


例えば、クルマなどはスペックが重要な要素を占めるが、

ならばスペックの優れたクルマが一番売れるハズ。

だが、実際はそうではない。

それはデザインかも知れない。価格の可能性もある。

いや、メーカーで選んでいるのかも知れないし、

ひょっとすると広告や販促物で決めた場合もあるだろう。


選ぶエレメントは、実に多彩だ。


ただの理屈だけで、人はモノを買わないのだ。


人の感情が介在する限り、

広告が一筋縄ではいかない難しさがここにある。



話は変わるが、先日NHKのクローズアップ現代を観ていたら、

NPOに携わる方たちの苦悩が語られていた。

曰く、寄付金が集まらない、人が集まらない…


志高く、困った人たちをサポートすることを旨とする彼らにも、

やはり或る特定の手法が必要と、

アメリカで活躍している現役のプロが語っていた。


彼の名はマーシャル・ガンツ博士(ハーバード大)。

アメリカで人種差別撤廃に向けた活動や、

数多くの草の根運動を成功させ、

オバマ大統領の再選にも係わった人として名高い。


そして、その彼が日本の活動家に語るその手法は、

実にシンプルなものだった。


そのアウトラインを話すと、まず「物語」を語れ、

ということであった。


ここでいう物語とは、

例えば差別された経験やいじめられた過去を躊躇なく皆に披露し、

まず自らがオープンになること。

そして、その経験から、話は「あなた」へと移行する。

あなたもそんな経験のひとつやふたつありませんか?

と、共有を図ってみることだと言う。


そして、私とあなた方と共有するものがあれば、

これは他人事ではなく、一緒に問題解決に向けて、

動きませんか、と。


こうして物語は、次第に人の心を揺さぶり、

そして徐々に広がってゆくというのである。


このテレビを観いて感じたことだが、

内容が実に古典的な広告的手法であるということだった。


ゲストの糸井重里さんも、やはりそのような内容の話をしていた。


思うに、広告の手法とは、

なにもモノを売るだけの手法ではない、ということ。


いかなる場面でも、転用が可能なのだ。


「人は感情で動く」

そこに普遍性がある訳だ。


そのことを理解していれば、後はトライ&エラーを繰り返すのみ。

それしかない。


なぜなら、広告を学ぶことは、よく人間というものを知る、

ということに他ならない。


だからタチが悪い、

終わりがない、

いや、だから面白いではないか。




カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / コピーライター)
有限会社ペア・ファクトリー 代表取締役

ひとの心に、化学反応を!

広告って心理学?…これホントです。謎を紐解く。広告作りは、ここに集約されると言ってもいいでしょう。売る仕掛け、アクションのスイッチ。このマーケティングの核を探ることは、人の心の広い海原を旅することと似ています…。

046-242-8248
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「マーケティング」のコラム

或る編集者の記録(2013/08/27 10:08)

キャッチコピー狂時代(2013/07/27 15:07)