和風建築の見どころ「アプローチ」 -さりげない迎え入れの表現- - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

忘蹄庵一級建築士事務所 代表
東京都
一級建築士
03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

和風建築の見どころ「アプローチ」 -さりげない迎え入れの表現-

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
和風を表現すること

門を入ってまず目に入るアプローチの空間は、訪れる人に対する最初のおもてなしの心を感じさせます。訪れる人にとっては玄関で対面するまでの心の準備の場でもあります。
門をくぐった時に玄関が直接見えないように、門と玄関を結ぶアプローチは直線的にせず、周辺の庭の所々に見どころを配することによって客の視線を自然の中に回遊させ、気が付くと玄関の前に立っていると感じさせると魅力的な空間になります。効果的な石の置き方や、垣によって切り取られた風景など、散策する過程を退屈させないような見どころが大事な要素となります。
門からアプローチを経て建物へ向かう過程、外から内への移り変わりが建築のデザインにどのように繋がっていくかが見どころではないでしょうか。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 一級建築士)
忘蹄庵一級建築士事務所 代表

専門家の立場でご要望に親身に対応します

長く使い続けていただける心配りの行き届いた居心地のよい建築空間をご提供したいと考えています。新築だけでなくリフォームやリノベーションの実績も多数あります。既存住宅状況検査や耐震診断などを行って中古物件に価値を生み出すことを大切にしています。

03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「和風を表現すること」のコラム

このコラムに類似したコラム

階段室 松永 隆文 - 建築家(2016/08/17 13:12)

和風建築の見どころ「座敷」 -装飾されたおもてなし空間- 堀 紳一朗 - 一級建築士(2014/02/01 18:06)

和風建築の見どころ「廊下」 -つなぎの空間- 堀 紳一朗 - 一級建築士(2014/01/29 17:00)

和風建築の見どころ「軒・縁」 -庭と対話する空間- 堀 紳一朗 - 一級建築士(2014/01/25 17:00)