プレゼンで使うパワーポイントでのフォント - プレゼンテーションスキル - 専門家プロファイル

株式会社オリファイ 代表取締役社長
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プレゼンで使うパワーポイントでのフォント

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. プレゼンテーションスキル
パワーポイント

 

プレゼンで使う資料をパワーポイントで作成する際に、
文字のフォント選びを注意していますか?

何も気にせずにパワーポイントを利用すると
MS Pゴシック
というフォントが初期値として設定されます。

確かに「MS Pゴシック」は
使いやすいフォントではありますが、
多くの人が使っているために、
使い古されたイメージがあります。

しかし、ちょっと変わったフォントで
印象付けたいといった場合もありますよね。

そんな時におすすめなのがこのフォントです。

■「HGP創英角ゴシックUB」がおすすめです。

フォント選びを意識すると「P」の
有り無しが気になってきます。

先ほどの「MS Pゴシック」にも似たフォントで
「MS ゴシック」というのがあります。

この「P」というのは何かというと

■「P」=プロポーショナルの略

です。プロポーショナルフォントの場合、
それぞれの文字幅が最適になるように表示されます。

わかりやすくいうと、キレイに詰めて表示されます。

逆に、この「P」がないプロポーショナルではないフォントは
等倍フォントと呼ばれて、それぞれの文字幅が同じに表示されます。

イメージ的には、原稿用紙のように
それぞれの文字の幅が同じになります。

プレゼンの資料として使う場合は、
プロポーショナルフォント、つまり「P」が
あるフォントがおすすめです。

あなたもプレゼンでパワーポイントの資料を作成する際の
フォント選びで参考にしてくださいね。

 
 

引用元

プレゼンで使うパワーポイントでのフォント

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
株式会社オリファイ 代表取締役社長

プレゼンマスター

「素晴らしいものは、もっと多くの人に伝えられるべきである」という理念の元、あなたの素晴らしさ【伝える】ための、プレゼンテーションやインターネットを中心としたマーケティングに関するサービスを提供いたします

カテゴリ 「パワーポイント」のコラム