プレゼンに説得力を持たせる伝え方 - プレゼンテーションスキル - 専門家プロファイル

山田 進一
株式会社オリファイ 代表取締役社長
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

北島侑果
(司会者)
鶴田 育子
(心理カウンセラー)

閲覧数順 2017年08月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プレゼンに説得力を持たせる伝え方

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. プレゼンテーションスキル
プレゼンテーション

 

たとえ同じ内容であっても
伝え方でそのプレゼンの説得力は
大きく異なってきます。

あなたも経験ありませんか?

いいこといってるんだろうけど、
印象がイマイチだなー。

内容はいいのに、伝え方がマズいために
説得力がない、というのはもったいないですよね。

では、どのようにすればいいのでしょうか?

それは

■伝え方を統一する

ということです。

というのも、主張がコロコロ
変わるような人の話しを
誰も信じようとは思いませんよね?

内容が終始一貫、統一されているからこそ
説得力が生まれるわけです。

そして内容の統一はもちろん重要ですが、
プレゼンで使うパワーポイントの資料における
統一も重要です。

具体的にどうやっているのか?

ものすごく簡単にいうと、
できうる限りの要素を統一する、
ということです。

例えば、フォントの種類。
フォントの大きさ。
タイトルはどれぐらいで、本文はどれぐらいなのか?

色。
主張している内容は何色で、
悪い例として説明する内容は何色なのか?

図形の形、枠線の種類や太さや色。

語の統一。
例えば、ファイルをダウンロードするのか、
落とすのか、パソコンに保存するのか?

それぞれの要素が統一されることで、
主張内容の統一感も醸成され、
説得力も生まれてくるのです。

これでアナタも説得力を持たせながら
伝えてくださいね。

 

引用元

プレゼンに説得力を持たせる伝え方