従業員を性善説でみるか、まったく信用しないか - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

従業員を性善説でみるか、まったく信用しないか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 昨年は、アドバイスしている会社も、地元の会社も、年の暮れに資金繰りで慌てることのない、穏やか一年の終わりでした。ただ一件だけ、メディア販売している会社で、女性従業員の契約が実態のないカラ契約のため大騒ぎがありました。従業員4人の会社で、約800万円の売上げがテンプラでは、経営者は穴埋めに苦労します。

 その話を聞いて、よく企業経営で話題になる人間の性善説、性悪説を思い出しました。従来から、経営者の考え方として、人間には悪い人間はいないと考えて接する人と、悪い人間はいると考える人の二通りあります。従業員との接し方も、この2つで大きく分かれるようです。

 わたしの考えは、人間はそんなに悪人はいないと思っています。ただ、善人であろうと、悪人であろうと、たいへんな環境に追い込まれると、大半の人間は極悪人になってしまいます。決して先入観でみるわけではありませんが、最近の凶悪事件を起こす人の多くは、多重債務で身動きの取れなくなった人が多いです。

 普段はとてもよい人なのに、犯罪を起こすしか自分が逃れる方法はないと考えたとき、凶悪犯人になってしまいます。性善説や性悪説とは違って、人間は置かれた環境によって、とても弱い人間になってしまうということです。そのため、誰もが弱い立場にならないための努力が必要です。経営者も、従業員をそのような立場に置かないことです。

 自営業や小企業の場合、従業員一人がたいへんなことをしでかすと、会社自体がなくなってしまいます。下手をしますと、経営者が大きな負債を抱えることも起こります。従業員のプライバシーまで入り込むことはありませんが、日ごろからコミュニケーションをよくとって、追い込まれないように気を配ることを常にアドバイスしています。

このコラムに類似したコラム

自営業で開業するときの注意点 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/05 20:37)

社員を安く雇用することが安上がりではなかった 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/27 20:52)

社内で独立開業という名のリストラが横行 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/22 21:00)

大変な鉱脈が眠る、お客さんの一言 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/11 20:04)

起業で何がしたいのか、問われている 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/01 21:03)