思い切ってハワイ親子留学行ってみたら…(現地_バスパスGETへGO!編) - 海外留学・ホームステイ - 専門家プロファイル

ハワイ親子留学Do famiry!~ke kokua~るんまま櫻井
親子留学アドバイザー
東京都
留学アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

思い切ってハワイ親子留学行ってみたら…(現地_バスパスGETへGO!編)

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外留学・ホームステイ

夕暮れ散歩をしながら帰り道に立ち寄ったワイキキ界隈で唯一存在するスーパーマーケット、フードパントリー。

その品えはホテルに併設されているミニマートを超えて、まるで生活している感覚で日用品から生鮮食品、ちょっとしたお持ち帰り用のプレートランチまで楽しむことができます。

しかし、そのお値段はやはり「観光地価格」。

到着初日はあれやこれやと必要なものが目について、衝動買いに走る傾向がある私ですが、ここはぐっと我慢。

1週間の滞在ならABCストアよりも充実したスーパーマーケットでの買い物が出来て一気に必要なものがそろうので買ってしまいますが、1カ月余りの滞在になると必要な品の「量」が違います。

 

スーパーマーケットを散策すると、この夏のハワイ親子留学が、いつものそれとは違うことを実感します。

普通に日本の自宅近くで買うようにカートを転がしてあれこれ手にとってみる。

牛乳一つにしても1パックのサイズが大きい! 値段もそれなりにするけれど、おそらく単価換算すると日本のそれよりはお得だと思います。中長期ならこれらの「現地普通サイズ」の品を上手に利用したいところ。

しかし、それを買うには観光地価格ではなくて、現地価格のローカルスーパーへ行きたいですね。

ということで、ここは部屋の冷蔵庫の大きさを思い出して、あれもこれも・・・買いたいなを我慢してその日食べるのに必要なものだけをお買い上げ。

先ずは少し遠くまで買い物に出かけてそれらを持ちかえるための「足」=The Busのバスパス(定期)を購入しなければと思いました。

 

この時、息子はまだ3歳。

ストローラーに乗せても良い年ではあったけれど、あえて日本にそれを置いてきました。ハワイに滞在している夏の間に4歳になるし、体つきも同年代に比べて少し大き目。そんな子供を無理やりストローラーに乗せての移動はちょっと周りの目からすれば不自然に移るだろうし、彼自身も自分の足で歩きたいだろうと思ったからです。

 

しかし、この思いつきが後々仇になるとは露知らず、仕事帰りのロコを沢山載せて走るバスを横目に見ながらゆっくり歩いて部屋に戻りました。

 

翌日、ハワイでの母子生活が始まる・・・ということに興奮してか、いつもより早めに目覚めてTVをつけた息子。

ホテルTVには日本語チャンネルもたいていは用意されていますが、アメリカ人オーナーのこの部屋にはKIKUテレビジョンというローカルのCATV局しか一部、日本放送がありませんでした。それでも息子はローカルのカートゥーンネットワークにご満悦でこれまた日本から持参した素麺をすすりながら朝食を済ませ、時差ボケもなく元気に活動開始です。

 

先ずは滞在先に一番近いバス停からアラモアナショッピングセンターを目指します。

ここで、二人しておお間違い!

日本の感覚で普通に進行方向に向かって左側車線でバスを待っていたのです。アメリカはご存知の通り、車両は右側通行です。私たちの待ち方では行きたい方向とは逆の方向のバスに乗ることになります。

頭では理解しているつもりでも、案外ボケっとしていると長いことバス停で待ちぼうけを食らう羽目になります。 事前に調べたバスの行き先と路線番号に合致するバスが中々来ないので息子にもそれを教えて二人で待つこと数十分。

向かい側の車線、反対方向(本当は私たちが行きたい方向です)にやってきたバスにその路線番号と行き先を発見した息子は大喜びです。

私はまだ時差ボケだったのでしょうか・・・息子が気づいてくれなければそのままずっとそのバス停で待ち続けていたかもしれません。 母は出発から到着まででかなり疲弊していたようです。今となってはこれも笑い話ですね。

 

さて、なんとか目的の番号に乗ってアラモアナショッピングセンターにて下車した私たちが向かったのはハワイ州のサテライトオフィス。

こちらでは当時、The Bus全路線のマップが手に入り、本当に重宝しました。窓口に向かって長い列が出来ていたので、バスに長い時間乗れなかった過ちを反省しつつ、列の最後尾いる人に

「バスパスを買うのはこの列ですか?」と聞くと、優しい笑顔で「ええ、そうよ!」と教えてくれました。

日本にいると、こんな事を周りの人に尋ねるなんてどうってことない行為だけれど、一歩そこを出て異文化の中でシンプルな一言を発するのって・・・慣れている人以外は大変ですよね。 それでもこんな事の積み重ねで、必要であれば人に尋ねることに対して少しずつ抵抗がなくなりました。

人は一人では生きていけない。大げさかもしれないけれど、解らない事は謙虚に聞いてみる。 そんな私の姿を息子もこの滞在中に何度もみて、今ではすっかり「人に尋ねる名人」になっています。

 

この長い列に並んでいる間、動きたい盛りの息子をじっと待たせるのは至難の業でした。好奇心の塊である息子をどうすればよいか、それがこうした列待ちの一番の課題です。 良くある作戦ですが、彼のお気に入りのおもちゃを持参するのはもとより、飽きてしまうとバスの路線図を見せて二人で妄想旅をしてみる、とかそれでも飽きてきてしまうと・・・ストローラーに乗っていない息子は歩きたがります。 これには本当に困ってつい声を荒げて叱ってしまいますが、ここは英語の国。

私たちが話す日本語は、私たちが日本にいて英語で会話をする人たちの声が大きく聞こえるのと同じく、私たちが話している「日本語」がここでは外国語として大きく聞こえるに違いないと悟りました。

それに加えて、ハワイは日本語を解する方が多い土地柄です。だから

「ここはハワイだし、周りに日本語は解らないだろうから・・・・」

なんて、安易な考えであれこれ口にするものではない、と息子にも話して聞かせました。 子供に駄々をこねられ子供に対して怒鳴り口調で注意する親の姿は日本では良くみられる光景です。しかし、ハワイでは決して声を荒げてはいけない。常に冷静にと自分自身にも言い聞かせ、子供も一人の大人として扱うくらいの気分でいなければいけない。だから余計に気を使って疲れました。

これからこんな風景が毎日繰り返されるのだろうな、子連れでハワイ滞在はこんな意外なところから学ぶ日々の始まりでした。

 

 

さて、そうこうしながら窓口に並ぶこと数十分。お役所仕事もハワイアンタイムですがやっと私たちの順番になりました。

私が購入したバスパスは1カ月分です。息子はまだ無料の年齢だったので本当にお得でした。

レンタカーを借りたらひと月20万近くはかかります。これが子供の年齢にもよりますが、バスだけの利用だとママのパス代(当時40ドル)だけで済むのですから、ありがたいシステムです。

しかし、この「1カ月定期」の定義が日本のそれとは違います。

仮に1カ月定期を購入する場合、日本の場合はその定期の期限が切れた翌日から1カ月、という数え方をしますが、ハワイの場合はその月の月初、すなわち4月なら4月1日から1カ月間有効となります。ということは、例えば月の半ば以降にバスパスを購入する場合、利用頻度によっては損をすることもあるのです。

(しかし、毎日何かしらバスを利用するのであれば大方お得です。)

 

このバスパスを使いこなせばオアフ島内を安価で存分に楽しむことが出来ます。

ただし、時間には余裕を持って、が大前提です。路線によっては本数に限りがあり、またバスの到着時間もやはり遅れがちになるところもあるので要注意です

目的地へ向かうのに時間はかかるけれど、不慣れなレンタカーでドキドキしながら子連れで運転して神経をすり減らすよりはマシかもしれません。少なくとも当時の私はそうでした。

 

やっと手にしたバスパスをハワイ用に用意したパスケースに入れてバッグの柄に絡めると気分はロコ。

この日はアラモアナショッピングセンターを中心にこのエリアを散歩しながら現地で必要な品の買い物計画を立てました。

 

備えあれば憂いなし。

日本で作ってきた、「現地調達予定リスト」とハワイのコーディネーターさんから頂いた息子のスクール登園必需品リストを照らし合わせてどのお店で買うのが良いか、想いを巡らしながらちょっぴり観光気分の私たちでした。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

思い切ってハワイ親子留学行ってみたら…ハワイ親子留学、最後の夜そして朝。(最終章1) ハワイ親子留学Do famiry!~ke kokua~るんまま櫻井 - 留学アドバイザー(2014/06/02 23:00)

思い切ってハワイ親子留学行ってみたら…ママ、スクールデビュー(現地編) ハワイ親子留学Do famiry!~ke kokua~るんまま櫻井 - 留学アドバイザー(2014/04/04 23:00)

思い切ってハワイ親子留学行ってみたら…プリスクール登園~ママ時間エピソード(現地編) ハワイ親子留学Do famiry!~ke kokua~るんまま櫻井 - 留学アドバイザー(2014/03/30 22:00)

思い切ってハワイ親子留学行ってみたら…初体験@お部屋トラブルと活きた英語(現地編) ハワイ親子留学Do famiry!~ke kokua~るんまま櫻井 - 留学アドバイザー(2014/03/24 22:33)

思い切ってハワイ親子留学_スクールデビューまで(ツベルクリンテスト→診断結果)(現地編) ハワイ親子留学Do famiry!~ke kokua~るんまま櫻井 - 留学アドバイザー(2014/02/28 22:00)