極端な事例を紹介 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

極端な事例を紹介

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日から仕事始めの方が多いでしょうか。
長いお休み明け、期限の迫った仕事も多いですね…。

借入金と資金繰りについて諸々。
利率よりも返済期間を重視した方が良いことも多々あります。

極端な事例を一つご紹介します。
とある方ですが、地方公共団体の制度を使って無利息で融資を受けました。
無利息、つまり無料でお金を借りることができたのです。

しかしその制度、返済期間が結構短いのです。
現在、その方は

「有利息でも良いので、返済期間が長いものに借り換えるかも」

ということを検討されています。
返済期間が短いので、毎月の返済額が大きいのです。

このことから、借入金に関する基礎中の基礎にして一番大切なことを改めて確認します。
支出と費用の違い、わかりますか?

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

返済期間のバランス 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/04 07:00)

返済期間と資金繰り 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/01 07:00)

お金を借りる費用が昨今は安い 高橋 昌也 - 税理士(2014/01/04 07:00)

不易流行の姿勢 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/12 07:00)

猶予期間をしっかりと感じていること 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/11 07:00)