みんな注目!TVの行方 #2 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

みんな注目!TVの行方 #2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
メディアと映画、ずっと楽しい関係。 TVの行方、これからのテレビは?
日本は、四季のほかに梅雨もあって季節が細やかですね、
初夏のような日もあれば、雨の日の午後もあるのが日本です。

こんにちは、山藤(サンドウ)です。

さて、
「TVの行方、多メディア時代のテレビ」の第二弾として、
はたして、テレビ離れは進んでいるのでしょうか?
若者たちの生活・文化の中で今、何が起きているのでしょうか?

といったテーマで展開します。

TVは、放送が始まった時から戦後の教育産業化した時代に入り、
高度経済成長をへて、現代では、サービス産業化した、
巨大なメディアということがいえると思います。


成長産業時代では、教育的なメディアとしての役割が多かったけれど、
成熟化産業時代では、まさしく、娯楽、情報サービス化して、
どの番組も、バラエティーや、クイズ番組が花盛りです。

また、前回も書きましたが、
TVは、家族みたいな「共有できるメディア」
なので、「大まかに把握できるメディア」と言えそうです。

ネットは「仲の良い友達」や''「頼れる仲間」''と言った感じであり、
「詳細に調べたり、理解するメディア」という考えもあるようです。

最近の番組づくりとしては、従来の情報詰め込み番組はあまり人気がないようです。

どちらかと言うと、
テンポがスローでゆっくり、少し遅くて、のんびりした、もしくは、
「のんびり出来る作品が好き!」とされているようです。

これも、今の時代の流れなのでしょうか?
スローライフや、ロハス、地球温暖化に優しい番組構成などが、
受け入れられているようです。

オールアバウト/専門プロファイル、山藤

デザインと映像のエスオープランニング